オーガス

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
オーガス
外国語表記 Orguss
登場作品 超時空世紀オーガス
デザイン 宮武一貴
初登場SRW スーパーロボット大戦Z
SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
分類 ドリファンド
生産形態 カスタムメイド
所属 ファクトリー
パイロット 桂木桂
テンプレートを表示

オーガスは『超時空世紀オーガス』の主役メカ。

概要[編集]

損壊したブロンコIIを桂独自の案で強化修理したカスタムメイド機。

ブロンコIIの機体フレームに頭部やモラーバから流用した手等を取り付けたことで混乱時空世紀初の巨大人型兵器となった。さらに、他のドリファンドの武装を流用して攻撃力を強化、エマーン独自の慣性制御装置も搭載し、飛躍的に戦闘力と運動性能が向上した。

基本形態のガウォークに、人型のオーガロイド、飛行型のフライヤー、陸戦型のタンクの4形態に変形する(ただし、タンク形態は劇中ではほとんど登場しなかった)。その性能の良さからエマーン軍に制式採用され、少数のオーガスタイプが量産された。

機体名称はグローマ内で命名会議が行われ、「ギャモン」と最後まで競り合ったが、最終的にジャビーの出身世界における「戦いの」から取られ「オーガス」となった。

登場作品と操縦者[編集]

Zシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦Z
初登場作品。サイズはSで運動性が高く、当てて避けて手数で勝負するユニット。中盤で機体性能や武器攻撃力がアップする。
攻撃力は一見低そうに思えるが、武器改造での上昇率が高く、桂の隊長効果もあって実際はかなり伸びる。桂が再攻撃を持っているためザコ敵掃討に最も威力を発揮するが、オルソンのオーガスIIが加入すれば合体攻撃でボスキラーも担当可能。ブロンコIIのうちに武器を改造すると安上がり。
ただし、サイズ差補正無視武器が無いという弱点を持つため、同特殊技能の修得か、直撃を使える小隊員の編成は必須。
第2次スーパーロボット大戦Z破界篇
ほぼ前作と同じような運用が可能だが、今回は隣に女性を引き連れていないと最大能力を発揮できなくなった。女性エース(アテナ・ヘンダーソンでも可)とセットで運用しよう。
また、相方のオルソンがいないため合体攻撃「オーガス・コンビネーション」は使えないが、今回は桂がを使えるのでそれでカバーしよう。
第2次スーパーロボット大戦Z再世篇
アテナとの合体攻撃(厳密には召喚攻撃)が追加された他、オーガス・コンビネーションが弾数制の召喚攻撃となった。Bセーブで大暴れしてやろう。
第3次スーパーロボット大戦Z時獄篇
グラフィックが刷新された。フライヤーへの変形は削除され、常にオーガロイド形態での運用となる。またモームサブパイロットとして同乗する。
今回はオルソンとアテナがいないためコンビネーション攻撃は使えないが、カスタムボーナスで強化される「一斉発射」が露払いに有用。手間はかかるが、桂のエースボーナスをフル活用した上でマキシマムブレイクを叩きこめば、十分にボスキラーもこなせる。
第3次スーパーロボット大戦Z天獄篇
第25話でオーガス・コンビネーションが、更にミスリルルート第39話ではオーガス・コンビネーションSPが追加される。どちらも強力な単体攻撃であり、時獄篇よりもボスキラーや援護役として運用の幅が広まった。

装備・機能[編集]

全体的に弾数制武器が多い。EN消費するのは合体攻撃のみ。

武装・必殺武器[編集]

一部の武器はオーガロイド形態でないと使用できない。また、ミサイル(連射)はオーガスの形態によって性能が大きく変化する。

格闘
オーガロイド形態時のみ使用可能。機動力を生かしてパンチや回転蹴りを叩き込む。
Zでは貴重な無消費の有射程武器。地上の敵にはタンク形態で体当たりする。

武装[編集]

ミサイル
ミサイルランチャー。両脚と両翼に実装。
Zでは小隊攻撃対応。第3次Zでは全体攻撃
ミサイルガン
その名の通りミサイルを弾丸として発射する銃。左右にアタッチメントで装備。フライヤー形態では右脚に付け替える。
Zでは再攻撃援護攻撃に使える武器としては、オーガスの中で最大火力(第2次Zでは一斉射撃や召喚攻撃が再攻撃及び援護攻撃に使えるようになったのでその限りではない)。第3次Zではアシスト属性。

必殺技[編集]

ミサイル(連射)
トライチャージ専用武器。オーガロイド形態では、移動後使用不可能な長射程武器。フライヤー形態では射程が短くなる代わりにP属性が追加。
オルソン・D・ヴェルヌオーガスIIと、アテナ・ヘンダーソンナイキックを同一小隊に入れると武器攻撃力がアップする。
一斉発射
オーガロイド形態でのみ使用可能な全体攻撃。オーガス全武装の一斉発射。攻撃力が高めで、弾数にもそこそこ余裕がある。
Zでトドメのミサイルガンを打ち込むカットはOPの再現。第3次Zではトドメ演出モームのコクピットカットインが挿入される。

召喚攻撃[編集]

デバイス・コンビネーション
第2次Z再世篇で下記の合体攻撃が弾数制の召喚攻撃に変更。
オーガス・コンビネーション
第2次Z再世篇で下記の合体攻撃が弾数制の召喚攻撃に変更。第3次Z天獄篇では攻撃の量やカットインが控えられた簡易版になり、従来のオーガス・コンビネーションは下記のSPとなった。
オーガス・コンビネーションSP
第3次Z天獄篇で追加。オルソンやオーガスIIのカットインが見られるのはこちらになる。

合体攻撃[編集]

デバイス・コンビネーション
オーガロイド形態でのみ使用可能。アテナナイキックとの合体攻撃。第2次Z再世篇召喚攻撃に変更。
オーガス・コンビネーション
オーガロイド形態でのみ使用可能。オルソンオーガスIIとの合体攻撃。多数のミサイルで攻め立て、〆に2機同時にミサイルガンを打ち込む。最後のオーガスIIとの握手カットインは最終回の再現。バリア貫通属性を持つ。単体攻撃なので、ここから再攻撃でミサイルガンに繋ぐと強力。
Zではなぜか一部のカットインが粗いドットで描かれており、なんとなくスーパーファミコンのグラフィックっぽい。第2次Z再世篇では修正された他、召喚攻撃に変更。

特殊能力[編集]

変形
Z第2次Zでは、オーガロイド形態とフライヤー形態の切り替えを行う。なお、第3次Zではオミットされた。

移動タイプ[編集]

飛行可能。

サイズ[編集]

S

カスタムボーナス[編集]

全ての武器の攻撃力+300
第2次Z破界篇
移動力+1。全ての武器の攻撃力+300
第2次Z再世篇
移動力+1、『一斉射撃』の射程+2、弾数+2
第3次Z

機体BGM[編集]

スパロボでは珍しく、ZでのみOPサイズ版と(一部編集した)インスト版が両方存在する。

「漂流 ~スカイハリケーン(OPサイズ)」
オーガスのデフォルトBGM
「漂流 ~スカイハリケーン」
こちらはデフォルトBGMではないため、BGMセレクトで手動設定する必要がある。

名場面[編集]

初出撃
第4話。グローマの開いていたキャラバンに特異点捜索のために来たチラムの軍人を追い払うために桂が搭乗し出撃。しかし組み立ててはあったが回路は未接続で弾薬も未搭載と精々浮かぶ程度しか当初はできず、桂は窮地に陥った。が、出撃直前にそのことを知ったモームが背部に取り付いており、自分のエネルギーを使用して戦闘の最中空中で回路の接続に成功。初出撃補正も手伝いポージングの後OPのアレンジBGMと共に格闘戦でイシュキック2機を一蹴し、その性能を見せつけた。

関連機体[編集]

ブロンコII
改修前の機体である第二世代ガウォーク。
オーガスII
オーガスの量産型エマーン兵用の機体はリミッターで性能が抑えられている。
オーガス02
『超時空世紀オーガス02』の主役機。外観はあまり共通点はないが、オーガスの名前を受け継いでいる。
リヴリア型アーマー
『超時空世紀オーガス02』に登場。リヴリア国で発掘されるアーマーであり、オーガスに非常によく似ている(実際、一部資料やビデオ・LDジャケット裏などではっきりとオーガスと書かれている)。

余談[編集]

  • 前番組『超時空要塞マクロス』第27話にはオーガスとVF-1 バルキリーが混ざったような機体が一瞬だけ登場した。
    • この機体は「オーガスバルキリー」と視聴者の間で呼ばれ、実際にプラモデルを改造して制作した人もいる。

商品情報[編集]