赤月光珠

提供: スーパーロボット大戦Wiki
アケミ・アカツキから転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
赤月光珠
読み あかつき あきみ
別表記 アケミ・アカツキ(OGシリーズ
登場作品

バンプレストオリジナル

声優 鈴木麗子
デザイン 田口栄司
秋田れい(リデザイン)
SRWでの分類 パイロット
サブパイロット
主人公
テンプレートを表示
プロフィール
種族 地球人
性別
年齢 16歳
所属 最上重工
鋼龍戦隊
テンプレートを表示

赤月光珠は『スーパーロボット大戦GC』および『スーパーロボット大戦XO』の女主人公。「OGシリーズ」はアケミ・アカツキという名前で登場。

概要[編集]

最上重工の社長である赤月瑞雲の娘。男主人公の赤月秋水同様、ロボットに乗ることを強制する父への反発を見せている。彼女自身「普通の女の子」でありたいという願望が強く、ロボットに乗って戦い続ける事を危惧する一面も見せる事もある。またかなりマイペース気味な性格で、話の最中で出会ったジークは毎回彼女のペースに乱されている。

『GC』では男主人公と同じ赤月秋だったが、リメイクの『XO』では光となった。

登場作品と役柄[編集]

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦GC
秋水同様、援護レベルの伸びがいい。こちらはどちらかというとリアル系向けの能力なので、乗せるならソウルガンナーで。…というかスーパー系を選んだ場合バグで全体的に能力値の伸びが悪くなってしまう。
スーパーロボット大戦XO
名前の表記が変更され、秋水との差異がついた。また新規シナリオで同級生との絡みが描かれる。
リアル系に射撃重視タイプの換装形態が追加されたので、ヒット&アウェイ持ちのこちらの存在意義は移植前より大きいと言える。またスーパー系も能力値バグが修正された。

OGシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦OG ムーン・デュエラーズ
双子になった事と世界観に合わせて「アケミ・アカツキ」名義になっている。姉という境遇故か、『GC(XO)』と違いしっかり者で面倒見が良い性格に変更された。また、何故かジークとの絡みが全くと言っていいほど描かれなくなっており、「フェアリ経由の知人」以上の関係が見られない。弟は恋人にこそならないもののサリーと両思いっぽくなっているので、「描く余裕がなかった」のではなく「意図的に描かなかった」ということで間違いないと思われる。
リデザインの結果胸が大きくなっており、汎用カットインで揺れる

パイロットステータス[編集]

能力値[編集]

命中回避技量が上がりやすい傾向にある。射撃格闘はタイプによるが、『GC』のスーパー系では上述の問題がある。

精神コマンド[編集]

GCXO
スーパー
不屈必中突撃熱血気合
リアル
集中ひらめき鉄壁熱血覚醒
OGMD
集中ひらめき狙撃鉄壁直撃修行(ツイン)
必中不屈はアキミが使えるので、隙が無い。遠距離全体攻撃による修行のパイロットポイント稼ぎも強い。

特殊技能(特殊スキル)[編集]

GCXO
底力L8、援護L3、ヒット&アウェイ
OGMD
底力L6、援護防御L3、ヒット&アウェイ
『GC(XO)』に準拠。援護攻撃を優先的に取得したい。

エースボーナス[編集]

自機の全パイロットの初期気力+5、最大SP+10
『OGMD』でのボーナス。アケミとは初期気力と最大SPの分量が真逆になっている。

人間関係[編集]

アキミ・アカツキ
OGでは双子の弟。
フェアリ・ファイアフライ
社長秘書で、自分のお目付け役であり、姉の様な存在。
赤月瑞雲
最上重工の社長であり、父。アキミほどではないが、反発している。
川西陣風
最上重工のエンジニアで、父の友人。
ジーク・アルトリート
『GC(XO)』では光珠のペースに毎回調子を狂わされているが、最終的には惹かれ合う。
トーヤ・シウン
友人。
リュウセイ・ダテ
関わって日が浅いせいか、彼の迷言にも呆れることなく素直に反応している。

版権作品との人間関係[編集]

竹尾ワッ太
軍の要請で戦っている民間人同士で、最初は商売敵としてモメかけたりするが、ホワイトベースに出向して以降は同じ悩みを共有する間柄。

名(迷)台詞[編集]

戦闘台詞[編集]

「ベストポジション! いけるわ!」
戦闘台詞の一つ。
「ファイアッ!」
戦闘台詞の一つで、ヘビー・ライフル使用時(『OGMD』)。文面で見ると大したことがないが、何故か最後の「ア」にアクセントが入っており、怒っているように聞こえる。

GC/XO[編集]

「はぁ…帰ってくるなり説教ばっかり。ちっとも 休んでる気がしないわ…あーもう、最悪! きぃーっ!!」(『GC』)
「はあ…ようやく帰ってきたのに、またお父さんとやり合っちゃった…でも、フェアリさんとまで気まずくなるとは思わなかった…あーもう、最悪! きぃ~っ!」(『XO』)
第9話「日本侵攻作戦」より。日本に帰って来た際、フェアリと瑞雲の立ち話を偶然聞いたがために、説教され、苛立ちを感じた際の台詞。そこに居合わせたジークには「奇声」と言われてしまう。『XO』では下記のようにフェアリと気まずくなったことを気にする台詞が追加されている。
「何よ、それ! 失礼しちゃうわね! あんたみたいな筋肉ダルマにはゴリラの方がお似合いよっ!」
『XO』第13話「灼熱のベルファスト」に於いて追加されたゴルとの戦闘前会話より。彼からの発言を余裕を持って流したつもりであったが、「ガキはすっこんでろ」と返され。
「黒い外見にあのマスク…なんか得体の知れない技を使いそうだもんね」
『XO』第45話「みんなが王子を待っている!」に於いて追加されたデスバンとの戦闘前会話より。外観が映画『スター・ウォーズ』の「ダース・ベイダー」そのものであるデースバンダーを評して。
ジーク「お前とこの街で出会えなかったら今の俺はなかった…感謝してるぜ、光珠」
「こ、こらっ! おだてても何も出ないぞ?」
ジーク「な、何だよ、その態度…俺はただ、素直な気持ちをだな…」
「あ、時間だし、先に行くねーっ!」
ジーク「お、おい! 話はまだ終わってねえぞ!」
「なら、追いかけてきなよー!」
ジーク「おう、行くぜ! 待ちやがれっ!」
「アハハハ! オ~ニさん、こっちらっ! アハハハハハハ!」
ジーク「てめえ、光珠! いい加減にしろよ! 待て、コラ!」
エンディングにて。ただのバカップルとしか言いようがない……。

OGシリーズ[編集]

「ね、トーヤ。良かったら、またご飯作りに行ってあげるよ」
OGMD』地上ルート1話より、一人暮らしをしているトーヤに対して。『OGMD』におけるアケミの面倒見の良さや、アキミ同様トーヤとかなり親しい仲であることを簡潔に表しており、印象に残る。
(鋭い……)
『OGMD』第7話合流シーンにて、リュウセイが「ソウルセイバーの頭部は分離して飛ぶのか」と聞いてきた時の反応。ロボットアニメに詳しくないのか、お約束をお約束として受け取れないようである。
(この人達、こんな状況で軽口が叩けるなんて……)
『OGMD』第12話「惨劇の夜(後篇)」にて、リュウセイのアニメ脳丸出しの発言を聞いての感心とも呆れともつかない反応。

搭乗機体[編集]

ソウルセイバー
スーパー系主人公機。OGシリーズではGGに搭乗。
スーパーソウルセイバー
スーパー系後継機。
ソウルガンナー
リアル系主人公機。
ソウルランサー
リアル系後継機。