矢作省吾

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
矢作省吾
読み やはぎ しょうご
外国語表記 Shogo Yahagi
登場作品 メガゾーン23
声優 久保田雅人(PART I)
矢尾一樹(PART II)
デザイン 平野俊弘(PART I)
梅津泰臣(PART II)
初登場SRW スーパーロボット大戦D
SRWでの分類 パイロット
テンプレートを表示
プロフィール
種族 地球人
性別
年齢 18歳
出身 MZ23(メガゾーン23番艦)
血液型 B型
テンプレートを表示

矢作省吾は『メガゾーン23』の主人公

概要[編集]

1980年代の東京と言う「一番良い時代」を謳歌する、バイク乗りの青年。気分が乗ったときなどに腕を振り上げて「ダァァーッ」と叫ぶのが癖。ある日、友人の中川真二(SRW未登場)が盗み出してきたバイク「ガーランド」との出会いを皮切りに、自分達の住む街の真実に触れることとなる。

PART I[編集]

「7G」のオペレーターとなった省吾は、マスメディアを使ってこのことを公表しようと、人気アイドル時祭イヴの番組にテレビ電話で出演を試みたが、軍の介入によって果たせなかった。焦る省吾に友人の智美は、ガーランドを使用した自主製作映画を提案。だが、ロケの場所を探しているうちに白バイに追跡された二人は、やがて見たこともない場所に迷い込む。

そこは、東京の地下に存在した廃墟の街であり、中央部の円錐塔にある「バハムート」が存在する不思議な場所だった。危険を感じた省吾は智美を帰らせ、単身ガーランドを駆って調査を進めるが、予感通り防衛隊と衝突。戦う内に防壁を破って宇宙空間に飛び出してしまったが、目の前にいたハーガンを咄嗟に助け、共に帰還する。

廃墟の街でハーガンから降り立った軍人・B.D.から、省吾は真実を聞かされる。B・Dはバハムートを支配下に置き、外部の敵であるデザルグに備えようとしていたのだ。さらに、彼は衝撃的な事実を明かす。それは、現在の本当の西暦は1980年代ではなく、それから900年近くも下っていること、さらにデザルグの脅威が迫っていることだった。

一旦はその場を後にした省吾だったが、バハムートの端末であるガーランドに時祭イヴからの連絡が入る。彼女からさらなる真実と、イヴ自身がバハムートの作り出した虚像であるという事実を聞いた省吾は悩む。一方その頃、軍はバハムートの制御を掌握し、デザルグとの戦争の準備を進めていた。

由惟との日々に幸せを見出そうとしていた省吾だが、軍によって智美が殺されたのをきっかけに決意を固める。ガーランドを駆ってバハムートを目指すが、立ちふさがるB.D.に完敗を喫し、何処かへと姿を消したのであった。

PART II 秘密く・だ・さ・い[編集]

軍に智美の殺害容疑を掛けられ、新たな友人のライトニング率いる暴走族「トラッシュ」の元に身を隠していた省吾は、半年ぶりに由唯に再会する。街では軍に支配されたバハムートにより軍の広告塔と成り果てていたイヴを通して、人々を戦争に駆り立てるメッセージが連日流されていた。

しかし、実はバハムートは完全には軍の管理下に落ちてはおらず、本来のイヴとも呼ぶべきもう一人のイヴが現れ、7Gのオペレーターである省吾に対し呼び掛けを続けていた。省吾は半年間自分を待ち続けた由唯のわだかまりを解いて想いを伝えると、本当のイヴに会う為に、そして彼女が何を自分に伝えようとしているのかを知る為、トラッシュの助けを借りてバハムートを再び目指す。

その頃、デザルグは本格的なメガゾーン23侵攻を開始していた。一方、軍の手でプロトガーランドとして蘇っていたガーランドを入手した省吾は、軍の追跡をかわしながらバハムートに向かう。軍の攻撃に一人、また一人と仲間が犠牲になっていき、遂にはガーランドも大破してしまうが、省吾は軍の追撃で負傷した由唯と共に、やっとのことでイヴの元に辿り着いた。

対峙したイヴの質問に対して自分が今したいこと、そして大人というのは汚い人々だ、という気持ちを話した省吾は、「自分がなりたかった大人になればいい」という返答をイヴから受け取った。だが、そんな省吾の眼前に、あのB.D.が再び現れる。一方、遂にデザルグの自動攻撃弾の侵入を許してしまった市街地では、軍が一般人を避難させようと試みていたが、作業は遅々として進んでいなかった。

やがてイヴは、「ファイナル・プロテクション・モード」を発動させる。イヴの最後の歌声が響き渡る中、全てを巻き込みながら、1980年代の東京は崩壊する。そんなメガゾーン23とデザルグに月の防衛システム「A.D.A.M.」は、地球帰還の条件を満たしていないという結論を出し、一斉攻撃を始めた。しかしイヴは、その影響が及ぶ寸前にバハムートをMZから切り離し、省吾達を脱出させることに成功していた。

崩壊していくMZとデザルグを背に、バハムートは地球へと降り立つ。中から出てきた省吾達の目前には、再生した地球の大地が広がっていた。

登場作品と役柄[編集]

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦D
初登場作品。顔グラフィックは『PART I』準拠。パラレルワールドからやってきた都合上、『MEGAZONE23 III』に繋がる設定は完全に排除された事になるので、ある意味彼もスパロボで救済された人物の一人と言える。
ジュドー・アーシタとつるんでいることが多い。シャア・アズナブルゼクス・マーキスたちに反発することが多いが、B.D.に対しては色々とフォローしてもらっている借りを感じているのか、多少丸くなる。
とにかく「大人達のやり方」に対して青臭い正義感を振りかざして猛反発する場面が多く、本作と同じく鏡氏がシナリオライターを担当した『スーパーロボット大戦64』の草間大作に近い役回りである。
熱血を覚える。底力を持っているが、HP装甲が低いガーランドでは役立つ機会は少ない。

パイロットステータス設定の傾向[編集]

能力値[編集]

射撃格闘命中回避と全般的に能力は高い。問題は乗機がSSサイズであるため、ガーランドの強化は充分に。

精神コマンド[編集]

D
ド根性加速集中熱血

特殊技能(特殊スキル)[編集]

D
底力L8援護攻撃L2援護防御L1コンボL3撃ち落としカウンター

人間関係[編集]

高中由唯
恋人。
中川真二
夢叶重工のテストライダーであり、友人。彼からガーランドを譲り受ける。その後、軍に殺される。SRWでは「ダチ」としか触れられていない。山寺宏一氏のデビュー役である。
モーリー、チョンボ
バイク仲間。後に軍に入るが、その後の行方は不明。SRW未登場。
村下智美
由唯の友人。機密を知ってしまったため、軍人達に殺され、省吾は彼女を殺害した犯人に仕立て上げられる。
B.D.
宿敵。『D』では彼とも共に『D』の世界で生きていく事になり、関係もいくらか改善される。
時祭イヴ
彼女に7Gのオペレーターとしての使命を託される。後の『MEGAZONE23 III』では意外な形で彼女と再会する。
ライトニング
PART IIに登場する暴走族TRASHのリーダー。
SRWでは直接には未登場だが、ガーランドの必殺武器「トラッシュ」の演出に少しだけ登場。
シンディ、ガラム、ダンピ
同じくTRASHのメンバー。ライトニング同様「トラッシュ」の際に出演。
エイジ・タカナカ
『MEGAZONE23 III』(SRW未参戦)の主人公。名字から判断すると、省吾と由唯の血を引く子孫と思われる。前作から数百年後を舞台にした同作で彼と出会う事になる。

他作品との人間関係[編集]

ガンダムシリーズ[編集]

ジュドー・アーシタ
Dでは性格や声が似ているからか、友人同士に。二人で大人批判をよくしている。
デュオ・マックスウェル
Dでは彼とも親しい間柄となっている。
ウッソ・エヴィン
Dでは彼とも絡む場面がそれなりに多い。彼がリガ・ミリティアの上官としての対応を取りがちな父・ハンゲルグの事で不満を漏らした際にはハンゲルグをシャアやトレーズやゼクスの同類などと言ってハンゲルグを激しく批判した(下記にもあるが、省吾にとってシャアやゼクスやトレーズは信用ならない『大人』である)。
ドゥカー・イク
Dでは同じバイク乗りとして、対抗意識を持たれる。
シャア・アズナブルゼクス・マーキストレーズ・クシュリナーダハンゲルグ・エヴィン
省吾にとって気に入らない「大人達」。作中では、彼らをほぼ一貫して批判し続けている。実際にシャアやゼクスやトレーズは過去に戦争を引き起こし、特にシャアとゼクスは未遂に終わったとはいえアクシズ落としを敢行し、地球を壊滅させかけていた。省吾からすれば彼らのような大人達の大義や思想のために地球が壊滅し、友人を殺され、過去の大人達の身勝手な正義により故郷と自分達の命まで消されそうになったためこちらの世界に転移してきたので、当然といえば当然である。

リアル系[編集]

熱気バサラ
彼のような人間とは気が合うとのこと。Dではよくつるんでいることもあり、バサラにイヴとのジョイントを持ちかけたりする。ただし、終盤の惑星ラクスルートでは省吾までも彼の歌を対プロトデビルンの兵器のように扱う言動をとっており、その際に彼の激しい怒りを買ってしまう。

バンプレストオリジナル[編集]

ジョシュア・ラドクリフ
彼の人間性を認めており、敬意を表している。

名台詞[編集]

PART I[編集]

省吾「でっけぇ、どこの試作車だ?」
真二「15000回転、時速320キロ、スピードはF1だよ。しかもこの造りはスポーツマシンじゃない」
省吾「ホントかよぉ~、こいつどっから持ってきたんだ」
真二「支社の実験倉庫室から2日前。俺がテストライダーに選ばれた。お前なら、わかるだろ?」
夜の街にて真二と再会し、ガーランドを見せてもらった際の会話。お互いの温度差もさることながら、どちらもバイク好きであることが伺える。ちなみに同作は様々な会社からの協力もあり、本来の会話では実際のバイク会社の名前が出てきているが、本項では省略する。
「そういう事か。バハムートがお前達の手に落ちた途端、全ては思うまま戦争が始まっても…地上にいる人間はその時まで何も気づかないってわけだ!」
B.D.と交戦した後、彼から自分達が住んでいる世界の真実を聞かされて。
「あのなぁ、マスコミを抑えてるからって安心するな! 手段はいくらでもあるんだぜ!」
時祭イヴの正体を知った後に電話でB.D.を抗議した時の台詞。
軍がメディアを掌握して公に真実を公表できないようにされている事を仄めかされて上記の啖呵を切ったが、遠回しに己の手の内を口走っているとも取れる発言である。
「必ず戻ってくる…必ずここへ」
後半にて、由唯の友人である智美が軍に殺された後の場面。仇を取るために軍の本拠地へと乗り込もうとした際、由唯に上の台詞を告げた。

PART II [編集]

「ガキの頃は大人って言葉に憧れてたけど、今大人って言われてる奴らを見てると、どいつもこいつも私欲のためならいい加減で…人をだまし、傷つけ、時には殺す! 薄汚ねえエゴイストだ! 俺は…俺はそんな大人になんかなりたくねぇ! ガキの頃の映画やテレビドラマに出てくるような大人達に会いたかったよ…」
後半でイヴと再会した時の台詞。「省吾にとって大人って何?」と問いかけてきた彼女に対して、省吾が返した返答。
「いいんだ、イヴ。俺達、生き残っていけるほど良い人間じゃないと思うし」
「ただ…今、みんなの力でここに来れた事を…君に会えた事を良かったと思っている」
「ありがとう、イヴ」
地球に向かっているMZがA.D.A.M.の審判を回避できる可能性が低い現状を告げたイヴに対して。
「お前らは…大人はいつもそうやって俺達を見下しやがる! 冗談じゃねぇ! 強ければ何をしてもいいのかっ!? 人を虫けらのように殺し、何もかもぶっつぶしても強ければ正しいのかよっ!? その結果がこのザマかよ…!」
半年ぶりに再会したB.D.に殴りかかろうとして逆に殴り返された上に、「正しい者が勝つ世の中は大昔に終わった」と突き付けられた事に猛反発した。

スパロボシリーズの名台詞[編集]

「ダメだ、オレは耐えられそうにないな、そんな生活」
D』「響きあう魂の行方」より。カサレリアの生活を聞いた際の感想。メガゾーンの中とはいえ、ずっと都会である東京で暮らしてきた省吾にとっては仕方ないともいえるか。
「そいつは俺も賛成だ。自分の上官を捕まえて、それで許してくださいなんてのは、クズのすることだ。やることが汚すぎるぜ」
Dでクロッペンクローンである事実が明らかになった後の場面にて。部下であったギシン兵が自己の保身のために上官であるクロッペンの身柄をブルー・スウェアに引き渡して投降しようとした行為に対して、剣人と共に猛反発した。
敵とはいえ、クローンであるという理由で味方を平気で犠牲にするようなやり方が許せなかったのだろう。
原作でも、大義のために他人を平気で犠牲にする軍のやり方に巻き込まれた省吾らしい台詞と言える。
「宇宙の命は自分のものだから、いくら犠牲にしてもいいだと!? 冗談じゃないぜ! その命だってな、みんな一生懸命生きてんだよ! オレたちだけじゃねぇ。ギシン星の連中のためにも、お前は倒さなきゃならないんだ!」
『D』「死闘! ギシン星最終決戦!」より。ズール皇帝との戦闘前会話。
元いた世界でA.D.A.M.の一方的な都合によってMZ23ごと抹殺されかけた省吾にとって、ズールという支配者は絶対的に受け入れられない存在であった。
「そうじゃねえ! そうじゃねえだろ!」
Dエンジェル・ハイロゥ攻略戦にてゼクス・マーキスが最悪の場合サイキッカー2万人の命を犠牲にするのも止む無しと非情な決断を下した際に彼に猛反発し、改めてシャアやゼクス、トレーズに対しての敵愾心を露わにし、部隊内に一瞬険悪なムードが漂う結果となる(早期に非情な決断を下しそうになったゼクスにも確かに非はあったが)。

搭乗機体[編集]

ガーランド
プロトガーランド

余談[編集]

  • 『PART I』での矢作省吾の声優である久保田雅人氏は、後に教育テレビの番組『つくってあそぼ』でワクワクさん役として出演し知られるようになった出演者であるため、そのことが取りざたされる事が多いが、この当時は『タッチ』などのTVアニメの声優をしていた時期であった(SRW参戦作品で言えば、『忍者戦士飛影』や『機動警察パトレイバー』にも出演)。
    • なお久保田氏は『PART III』にはクラックという別キャラクターの役で出演している。
    • PS3用ゲーム『メガゾーン23 青いガーランド』(未参戦)では『PART II』以降が存在しない世界観のせいか、久保田氏が久々に声優業を行い矢作省吾を演じた。