マウロ・ガット

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
マウロ・ガット
外国語表記 Mauro Gatt
登場作品

バンプレストオリジナルOGシリーズ

声優 金尾哲夫(ドラマCD)
種族 地球人
性別
年齢 中年
所属 地球連邦軍
軍階級 准将
テンプレートを表示

マウロ・ガットは「OGシリーズ」の登場人物。

概要[編集]

ドラマCD『スーパーロボット大戦ORIGINAL GENERATION THE SOUND CINEMA』で初出となったキャラクター。

小心者かつ私利私欲を満たさんがために動く小悪党。イスルギ重工ミツコ・イスルギの口車に乗せられ、軍の次期主力機動兵器にウォン重工業ゲシュタルトシリーズを正式採用させ、他の会社の兵器を何の理由もなく不採用と裁可。ウォン重工業及びイスルギとの癒着を深め、私服を肥やした。

その一方、新たに結成された特殊戦技教導隊のメンバーがスクール出身の低年齢層ばかりであったことから過小評価し、その実力を目の辺りにしても尚評価を改めることをしないなど、指揮官としての資質も優れているとは言えない。また、極東方面司令官のケネス・ギャレット中将には対抗意識を持っていたようだが、カイ・キタムラからは性根の悪さという点ではケネス同様という印象を持たれるなど、基本的に見るべきところのない人物である。

それゆえ、ミロンガに搭載されているODEシステムの本質についてはウォン重工業に誤った情報を与えられているなど体よく利用されている面が目立ち、さらにミツコらイスルギ側にODEシステムについての情報を伝えていなかったことで彼女の怒りを買い、ミツコが放った刺客により事件発生直後に暗殺されるという小悪党らしい最期を迎える。

登場作品と役柄[編集]

OGシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦OG外伝

人間関係[編集]

ミツコ・イスルギ
彼女に目をつけられてしまったのがマウロの運の悪さというべきか。最期には駒としての利用価値もなくなったと判断され、暗殺される。
ケネス・ギャレット
ケネスとは権力闘争における敵であり、次期主力兵器の採用に携わったことは昇進に焦っていた面もあるようだ。しかしこのことがマウロの運命を狂わせる一因ともなる。
カイ・キタムラ
彼からはケネス同様の性悪と認識されている(彼曰く「あのタコ親父と知り合い」)。
リック・ウォン
ウォン重工業の社長。ミロンガのODEシステムによりパイロットが死亡する事態となったため、この事が露見して自分の立場が悪くなることを恐れた彼はリックと共に事態そのものを隠蔽しようとするが…。