ビーストハンター

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search

第3次スーパーロボット大戦Z』に登場する、時空震動や次元震で現れた敵対外来種「ビースト」の駆除業を目的としたハンター。

外来種は、こちらの世界の生態系を乱す場合のみビーストと認定される。さらに、ハンターが駆除を担当するのは規模が小さく、出現場所が特定地域に限定されるもののみである。その点において、規模が大きく、出現場所が全世界である次元獣は、ビーストハンターの駆除の対象外となる。

北米大陸のロッキー山脈には次元境界線が不安定なスポットがあり、ビーストの出現頻度が高い。そのため付近には、多くのプロハンターが住居をかまえている。

ヒビキもかつて退役軍人である父と共に営んでいた。ビーストの中でも最強とされる「ディメンション・グリズリー」を単独で討伐したハンターは、特に「Gハンター」と呼ばれ、男たちの尊敬の的となる。ヒビキも16歳の時にこの快挙を達成しており、お守りとして牙を持っていた。