スヴェンド・オラン

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
スヴェンド・オラン
外国語表記 Svend Orang
登場作品

魔装機神シリーズバンプレストオリジナル

デザイン 橋口力也
SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
分類 魔装機
守護精霊

操者によって異なる

  • 風系低位・颪「ロックォ」[1]
  • 炎系低位・狐火「コクリ」
  • 水系低位・時雨「シズル」
  • 大地系低位・黒曜石「キラル」
エネルギー プラーナ・魔力
開発 ベルロード社
所属 エリアル王国
霍奕の細胞
主なパイロット ゴシン・オーダ
アオイ・カレント
オンガレッド・キレシナ
テンプレートを表示

スヴェンド・オランは『スーパーロボット大戦OGサーガ 魔装機神II REVELATION OF EVIL GOD』の登場メカ

概要[編集]

スヴェンドの強襲白兵戦タイプ。肩のブースターと巨大な斧が特徴的。

登場作品と操縦者[編集]

魔装機神シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦OGサーガ 魔装機神II REVELATION OF EVIL GOD
プレイヤーが操作可能なシナリオは、「謎のオーガイン計画」「オーガイン計画」「ゲート防衛」の3本。武装が消費型の2種類しか用意されていない上に有射程の「増幅光射砲」がP武器ではないため、改造不可という条件を抜きにしても使い辛い。
また、武装欄に必殺武器と射撃武器しかない影響か、本機は「斬り返し」で相手の格闘攻撃を切り払うことが出来ない仕様。納期や予算が厳しかったのかもしれない。
なお次回作ではゴシンとアオイは別任務のためシュテドニアスルートでも合流しないので、この機体も登場しない。ニーダムとゲハードは武装が変更・追加されているため、この機体はどんな構成になったのか、を考えると残念なところ。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

増幅光射砲
左右の胸部を飾る意匠(青玉を填め込まれた円盤)から光弾を2連斉射で放つ光学兵器。発動時に玉を固定する円盤の外周部が高速で回転している。おそらくこのときに大気中に漂う何らかの分子を集束(もしくは魔力を増幅)しているのだと思われる。蒼紅のキョウメイに搭載された「ウェイブレーザー」はおそらくこの武装の改良型。
斧鉞撃砕陣
刃に取付けられた青い玉飾り(魔装機を飾る意匠と同形のもの)の回転で光り輝く双頭の戦斧を上段に構え、肩当てのスラスターを噴かして跳躍。上空からの振り下ろしで目標を叩き潰す大技。

特殊能力[編集]

HP回復(小)
大地系精霊と契約した場合の特殊能力。

移動タイプ[編集]

風系精霊と契約すれば飛行可能と思われる。

サイズ[編集]

M

関連機体[編集]

スヴェンド・デルツ
汎用軽装攻撃機
スヴェンド・ニーダム
上位機種。

余談[編集]

  • 本機の得物の大斧は一見すると刀、長弓、長刀などスヴェンドシリーズ共通の和風の武器から浮いているようにも見えるが、これはアドバーザリー部隊のモデルが「頼光四天王」であり、四天王の一角が「まさかり担いだ金太郎」でおなじみの坂田金時であることからの連想と思われる。
    • ちなみに、搭乗者の一人アオイ・カレントは、幹部で一番の新人というプロフィールと黄色を基調としたデザインから坂田金時に相当すると推測される。
    • また「エリアル王国アドバーザリー部隊」のスナップショットではまさしく大斧を肩に担いだ本機が描かれている(機体はゴシン機であるが)。

脚注[編集]

  1. 実機は登場しないが、設定上契約可能と思われる。