チャイ・チャー

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
チャイ・チャー
外国語表記 Chai Char
登場作品 重戦機エルガイム
声優 島田敏
初登場SRW 第4次スーパーロボット大戦
SRWでの分類 パイロット
テンプレートを表示
プロフィール
種族 ペンタゴナ星系人
性別
所属 ポセイダル軍
軍階級 13人衆第6席次
テンプレートを表示

チャイ・チャーは『重戦機エルガイム』の登場人物。

概要

ポセイダル軍13人衆の一人で、コアムのプリャーモ・ベースの司令官。

アマンダラ・カマンダラの要請を受け、ギャブレット・ギャブレーを部下として採用する。原作の序盤ではギャブレーに鉄拳を食らわせていた時もあった。

ダバ・マイロード達に基地の宇宙船をジャックされたことで面目を失い、ミズンのロアンヌ・ベースへ左遷される。

リトル・セイ奪回作戦ではミラウー・キャオをそそのかして、ステラ・コバン暗殺を企んだが、キャオがダバに説得されたことにより作戦は失敗に終わる。最後はキャオの乗るアローンの体当たりを受けて、振り払うもその直後にエルガイムの攻撃を受けてあっけなく命を落とす事になる。

劇中では専用のバルブドに搭乗するが、SRWにはいまだユニットとして登場していない(リアルロボット戦線には登場している)。

登場作品と役柄

旧シリーズ

第4次スーパーロボット大戦S
シナリオ「戦場の愛」にて、バッシュに乗って登場。レッシィ説得せずに倒すと、敵軍全滅後に単機で再び現れ、同時に再出撃したレッシィに見限られるというイベントがある。これ自体はそれなりに印象に残るイベントだが、レッシィを説得した場合は一回倒されて終わりなので非常に目立たない。
倒されても戦死を意味する台詞は吐かないが、それきり登場しなくなる。
スーパーロボット大戦F
今回から声が入った。リアル系の序盤から登場し、その後も何度か遭遇する。乗機はバッシュ、後にグルーン。原作での退場が特に早かった為か、能力はギャブレーと比べるまでも無く総合力は13人衆最弱。親衛隊兵にすら攻撃力に劣る分危険度はより低い。それでも、グルーンに乗っている際は放電の威力に注意したい。
スーパーロボット大戦F完結編
今回もグルーンに乗っている。同じくグルーンに乗っているワザン・ルーンとコンビで出てくる。DCルート「復讐の刃」ではワザンと共に2回行動で防衛対象となるに突っ込んでくる上、両方倒すとポセイダル軍が全機撤退してしまう。ここでは玉砕に見せかけて謀殺される形でギワザにまんまと追い落とされるが、ポセイダルルートではギワザが先に死んだ後も一応ポセイダルとの決戦まで生き残る。どの道原作より相当長生きはした。基本的な能力値に変化ないがFに比べると反応が上がっているため、2回行動が少し早いLVで可能になる。

単独作品

スーパーロボット大戦GCXO
中盤に登場。他作品と違い、登場してすぐに戦死してしまう。今回も乗機はバッシュ。

関連作品

リアルロボット戦線
完全な敵パイロット。常に専用バルブドに乗って現れる。なお、なぜか登場してもキャラクター事典に登録されない。

パイロットステータス

精神コマンド

第4次S
根性ド根性激怒集中威圧
FF完結編
ド根性ひらめき必中挑発熱血かく乱

特殊技能

FF完結編
シールド防御L6、切り払いL5
GCXO
底力L5、援護(攻撃のみ)L3、シールド防御

人間関係

アマンダラ・カマンダラ
ギャブレーの入隊を要請する。この時の彼とチャイの会話から正規軍におけるアマンダラの影響の強さがうかがわれる。
ギャブレット・ギャブレー
部下。とにかく見下している。
ガウ・ハ・レッシィ
同僚。ギャブレー同様、やはり見下す。『第4次』では自らの地位とプライドばかりに執着するチャイの醜さを見限ってロンド・ベルに加勢する。
ミラウー・キャオ
彼を使ってステラを暗殺しようとするも失敗。
ネイ・モー・ハン
同僚。彼女の言うことすら聞かない。
ギワザ・ロワウ
左遷されたため、ギワザに対して恨みを抱く。

名台詞

「ハックション!……何だ?」
第6話「シー・ジャック」にて。直前に正規軍から「ギワザに取り入るのだけは上手い」と陰口をたたかれている。
「私は、ギワザを追い落とすのだ!」
第15話にて。
「こんなことで、うわぁっ!」
「ここは私が、取り返す…うわぁぁぁっ!!」
最期の台詞。

搭乗機体

バルブド
紫色の専用機。SRWには専用機・一般機とも未登場だが『リアルロボット戦線』に登場している。

SRWでの搭乗機体

バッシュ
『第4次(S)』で搭乗。
グルーン