銀河クジラ

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

銀河クジラ(Galaxy Whale)とは、『マクロスダイナマイト7』に登場した種族。

本OVAの舞台となった「惑星ゾラ」近辺の宙域を、大体1年に一度のペースで通過して宇宙を回遊するクジラのような物体である。ピンク色に光る比較的小さな(とはいえ小型の宇宙船ほどはある)個体の群れを、白く光る途方もなく巨大な個体が率いて回遊している。他の生物に対して敵対行動をとることはまずないが、その巨大さゆえに近づくだけで危険であり、クジラが接近すると機械が誤作動を起こすこともある。

外見が巨大なクジラのようであることからそう呼んでいるだけであり、銀河学会では「植物的な構造を持つ高エネルギー体」として生物とは扱っていない。一方ゾラのクジラ観測班には旧説を覆そうとする研究者もいる。また宇宙船の材料として高値がつくらしく、密猟団とゾラのパトロール隊とが争いを繰り広げている。

ゾラの古代伝承では「バーラエナ」と呼ばれ神のように扱われており、原生林の奥にクジラの墓場が存在する。約7000年の寿命が尽きた物はゾラの大地に落ち、群れを率いる白い個体は数百万年を生き、仲間を見送り鳴き声をあげる…と伝えられていた。しかしゾラで銀河クジラの観測が始まって以来、そういった現象は確認されていなかった。

劇中では群れのクジラが死を迎える時期と熱気バサラの偶然の来訪、さらに密猟団の全勢力をかけた大勝負、また別に白クジラを狩ろうとする男といった要因が重なり合い大混戦となるが、その中でも白クジラは密猟団の母艦が撃ち込んだ反応弾さえ無効化し、回遊し続ける。それに感動したバサラの唄う「ANGEL VOICE」に呼応するかのように白クジラが観測史上初めて声をあげ、さらには白クジラの発した赤い粒子と、小クジラの発した白い粒子とが混じり合う形で行われた「繁殖」もが確認された。仲間の死に伴い墓場から発せられた膨大なエネルギーを浴びたクジラは大規模なフォールドを行い、ゾラ宙域のはるか遠くへと旅立っていった。

関連人物[編集]

熱気バサラ
クジラとは関係なくゾラに来ただけだが、あることからその存在を知り、即興で唄い出すほどに出会いを熱望する。最終的には彼らとのセッションを成立させた。
再世篇ではクジラと一緒に転移してきてしまった。
ガムリン木崎
主な出番は終盤のみではあるが、銀河クジラの死と繁殖の場面に立ち会っている。
再世篇ではバサラに少し遅れて転移してきてしまった。

登場作品[編集]

第2次スーパーロボット大戦Z 再世篇
イベントグラフィックとしてのみ登場。シナリオ「伝説の歌声」でADWに転移してくるが、これに巻き込んでバサラとガムリンを連れて来てしまう。さらにゲームオリジナル展開で、バサラにファイアーバルキリーを届けに来たFIRE BOMBERのメンバーも巻き込まれる(アニメで彼を追いかけたメンバーはミレーヌのみ)。
後の時代(マクロスF)の人物だがミシェルが「バーラエナ」の別名を知っていたほか、多くの人物が銀河の神秘と言える光景に見惚れる中、クロウは「スクープだ!」と撮影に追われていた。これがどれほど借金返済の足しになったかは不明である。
その後「銀河をステージに」でアイムを退けたバサラの前に再び現れ、一声あげたあとまた飛んで行った。
第3次スーパーロボット大戦Z 天獄篇
EDで再びイベントグラフィックで登場。当然のことながら再び転移することを懸念されたためガムリンはマックスにバサラを抑えることを通達されている。