2018年8月5日(日)のメンテナンスは完了しました。ご協力ありがとうございました。

応募キャラクター

提供: スーパーロボット大戦Wiki
移動先: 案内検索

所謂、雑誌記事やTV番組などの企画によって一般公募されたキャラクター(人物・メカ共に含む)のこと。

制作陣が一から製作した要素とは異なるユーザー側からの提案を取り入れる形であるため、基本的に一話限りのゲスト・モブという扱いである事が多いが、漫画『キン肉マン』の各登場人物に代表されるように公募キャラクターを作品の重要なポジションに配置するケースも少なくない。

スパロボ参戦作品における応募キャラクター[編集]

ボスボロットマジンガーシリーズ)も応募キャラクターとされていたが、後にマジンガーシリーズの原作者である永井豪氏の漫画『激マン! Z&グレート編』で、この企画は出来レースでありデザインは最初から決まっていたことが明かされている。

ロボットJr.グレートマジンガー
講談社の児童向けTV雑誌『テレビマガジン』の企画「マジンガーズクラブ」でデザインを公募。受賞したデザインを原案にしている。
エレゴレラ機動戦士クロスボーン・ガンダム
同作が連載されていた角川書店の漫画雑誌『月刊少年エース』の誌上で一般公募を行い、アマチュアだった海老川兼武氏[1]のデザインが採用された機体。
木星軍の機動兵器はスペイン語や英語でそれぞれモチーフとなった生物の名が与えられているが、エレゴレラは海老川氏がエレファンテになぞって“エレ”を加えた名前を付けた造語である。
ゲイツ機動戦士ガンダムSEED
アニメーション制作会社のサンライズの一般公募で採用されたデザイン。アニメに登場したのはそのデザインを原案に大河原邦男氏によるリファインがされたもの。
デススティンガーゾイド -ZOIDS-
小学館の漫画雑誌『月刊コロコロコミック』の一般公募で採用された「ブルーマリンスティンガー」という機体デザインを原案にしている。
メタルマンエアーマンバブルマンクイックマンクラッシュマンフラッシュマンヒートマンウッドマンロックマン
『ロックマン2 Dr.ワイリーの謎』に登場するボスキャラクター。カプコンがゲームの販促の一環として、全国のユーザーから公募を行った。細部のデザインや名前そのものが原案から変わっているボスもいる。
カチーナ・タラスクスーパーロボット大戦 スクランブルギャザー
トレーディングカードゲーム『スーパーロボット大戦 スクランブルギャザー』で一般公募され、カードに採用されたキャラクター。
後年に『スーパーロボット大戦ORIGINAL GENERATION』等の作品に出演し、バンプレストオリジナルキャラクターとしての地位を固めた。
ガブエルスーパーロボット大戦 スクランブルギャザー
上記のカチーナと同じく、『スクランブルギャザー』の一般公募にてカードに採用されたロボット。ただしカチーナと異なり、こちらはゲーム本編への出演は果たしていない(2018年現在)。

脚注[編集]

  1. 当時アニメ制作会社GONZOの社員。これをきっかけにメカデザインの世界に入り、『機動戦士ガンダム00』『機動戦士ガンダムAGE』等にメカニックデザイナーとして参加。