クラッシュマン

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
クラッシュマン
外国語表記 Clash Man[1]
登場作品 ロックマン
声優 田野めぐみ(スーパーアドベンチャー)
デザイン よしだあきら(原案)
初登場SRW スーパーロボット大戦X-Ω
SRWでの分類 機体
パイロット
テンプレートを表示
スペック
分類 戦闘ロボット
型式番号 DWN.013
開発者 アルバート・W・ワイリー
所属 ワイリーナンバーズ
テンプレートを表示

クラッシュマンは『ロックマン』の登場メカ。

概要[編集]

『ロックマン2』から登場。Dr.ワイリーが開発した戦闘ロボットで「歩く弾薬庫」の異名を持つ。普段は大人しいが、怒ると手がつけられなくなる。建物の解体や破壊が趣味。

両腕の先がドリル状になっており[2]、ここから壁や地面に吸着するクラッシュボムを発射する。爆発に耐えられるようにボディも頑丈に作られているが、特定の衝撃には弱い

登場作品と操縦者[編集]

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦X-Ω
初登場作品。2018年1月のイベント「次元を超えた戦い!」の期間限定ユニットとして登場。大器型SRブラスター。同イベントのレア強敵クエストでは、フラッシュマンに対する弱点特効を持つ。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

クラッシュボム
ドリルで壁や地面に吸着する時限爆弾。敵の攻撃に合わせてジャンプしながら発射する戦法を使う。
『X-Ω』では通常攻撃として採用。
クラッシュボム(広範囲)
『X-Ω』での必殺スキル。

パイロットステータス[編集]

精神コマンド[編集]

X-Ω
闘志根性熱血
『2』の8ボスは精神コマンドが全て共通。

サポートアビリティ[編集]

クラッシュボム
SR。通常攻撃に確率で暗闇を付与。
ロックマンブルースフォルテのみ効果発揮。

人間関係[編集]

アルバート・W・ワイリー
開発者。
メタルマンエアーマンバブルマンクイックマンフラッシュマンヒートマンウッドマン
共に開発され、街を襲撃した仲間たち。
ロックマン
宿敵。

関連機体[編集]

ガッツマン、ボンバーマン
『ロックマン』に登場したライト博士が開発したロボット。ボディの耐久性と爆弾の特徴を受け継いでいる。
ドクロボットK-176
『ロックマン3』に登場したメカ。プログラムデータの入れ替えで、あらゆるロボットの性能をコピー出来るロボット。8体が登場し、クラッシュマンを含めた『2』のワイリーナンバーズの武器と行動パターンをそれぞれコピーしている。

脚注[編集]

  1. 一部タイトルでは「Crash Man」表記もあり。
  2. このような腕である為、手先は不器用。

商品情報[編集]