マークアイン

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
マークアイン
外国語表記 Mark Ein
登場作品 蒼穹のファフナー
分類 ファフナー・ノートゥングモデル
型式番号 Mk.I
全高 35 m
所属 竜宮島アルヴィス
パイロット 日野道生
テンプレートを表示

概要[編集]

竜宮島製のファフナーであるノートゥングモデルの一機、ファフナー・Mk.I(マークアイン)。

接近戦型でマークツヴァイ、マークドライマークエルフマークツヴォルフと同型機。パイロットは日野道生。かつてはファフナー候補生だった皆城総士も搭乗経験がある。カラーリングは灰色。

遠見弓子と結ばれ子供を授かった事で、竜宮島を守り抜く決意を固めた道生のメガセリオン・モデルに代わる新たな愛機となる。 なお、既にノートゥングモデルの搭乗に適さない大人である事を克服する為に、同化促進剤を服用して搭乗している。

「1番機」というナンバリングがなされてはいるが、実際の初出撃は全26話中23話目とかなり遅い。しかも敵が最強クラスのマークニヒトということもあって、敵に全くダメージを与えられないまま自爆という形で喪失を余儀なくされ、結果として最初で最後の出撃ということになってしまった。

登場作品と操縦者[編集]

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦K
やはり自爆して1話限りの出番になってしまうが、フラグ次第で生還する。なお、実は殆どの性能がメガセリオン・モデルに負けている命中回避に関しては道生自身にC・コードが追加された事で上がっているが…。また、最低4段階改造された状態で手に入るのでメガセリオンを改造していると資金的に損をする。最大攻撃力も劣っているが、ロングソードの追加でコンボは強力になった。さらに攻撃時の動きが格好のよいものとなっているため、ファフナーのファンは見所である。
スーパーロボット大戦UX
機体性能の低さは『K』と同様。さらに「レールガン」が無くなったため最大射程や攻撃力が低下し、反面メガセリオンに「マインブレード」の上位武器である「格闘」が追加され、おまけにメガセリオンの武器改造効率がマークアインより高くなるなど、弱体化感が強まった。
隠し要素で生存した場合も性能に変化はないため、使い勝手は微妙なところである。しかし今作でのクロッシング・システムの仕様上、能力の底上げを図れるため、ファフナーを中心に運用している場合には出撃するだけでも価値がある。パートナーユニットは射程面と格闘・射撃の両面を考慮するなら、新型迅雷と組ませると良い。
同じ隠し機体であるマークゼクスと同様に、第3部に入ってもなぜかノルンシステムが使用可能。本作では道生が忍者であるイルボラに助けられて生存するという状況なので、(声優ネタも兼ねて)忍術で動かしているとネタにされている。また、マークゼクスほどネタにされないが、道生復帰時にザ・ブームの技術で修復されている(イルボラが「お前のマシンは修復した」と言っているので確定である)。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

本体装備[編集]

ナックルガード
格闘時に展開される手甲装甲。
SRWでは武装としては未採用。
レージングカッター
腕部に内蔵された切断力を持つロケットワイヤー。
SRW未採用。
マインブレード
敵に突き刺した後に爆発する短刀。脛の関節を曲げたところに収納。
『UX』のみ。メガセリオンの「格闘」の下位互換。
デュランダル
三点バースト式ハンドガン。小型で携行性に優れるが威力は低い。腕部にマウント。
UX』のみ。

選択装備[編集]

ガルム44
携帯式の機関砲。銃口下にグレネード弾が装填されている。
『UX』では武器改造効率の低下によりメガセリオンより攻撃力が低くなる。
レールガン
実弾の射撃武器。電磁誘導で加速した弾丸を射出し、充分な威力を持つ。
『K』のみ。
ロングソード
マインブレードの強化型で、敵に突き刺した後に爆発する長剣。
『K』ではトドメ演出で道生のカットインと共に弓子の写真が映る演出があったが、『UX』では無くなってしまった。

特殊能力[編集]

剣装備、銃装備
切り払い撃ち落としを発動。
ノルンシステム
バリア。攻撃やバリアを張ることができる無人のサポート兵器。
ジークフリード・システム
皆城総士をサブパイロットとして共有する。当然ながら、総士がいないと使用できない。
クロッシング・システム
蒼穹作戦以降に搭載。UXでは出撃している同能力持ちのファフナーの数-1×3、パイロットの格闘射撃技量防御が上昇する。

移動タイプ[編集]

サイズ[編集]

M

機体ボーナス[編集]

UX
  • 初期段階:経験値+10% 照準値+5 CRT補正+10
  • 第二段階:経験値+15% 照準値+10 CRT補正+15
  • 第三段階:経験値+20% 照準値+20 CRT補正+20
  • 最終段階:経験値+30% 照準値+30 CRT補正+30 装甲値+100
メガセリオンと同じ。

機体BGM[編集]

「ナイトヘーレ開門」
ファフナー系汎用。

対決・名場面[編集]

VSマークニヒト
あまりに強大な敵の前に同時に出撃したベイバロンマークジーベンが次々とリタイアし、遂に1対1の状況に陥ってしまう。道生はアインとニヒトをワイヤーで固定し、フェンリルを用いた自爆により敵殲滅を図った。道生が自爆設定を終えコクピットごと機体から脱出した瞬間、マークニヒトはそのコクピットを掴み取り、そのまま機体に叩きつけた。そしてフェンリルが作動し全てが消え去った、かに見えたが…。

スパロボシリーズの名場面[編集]

家族~やくそく
『UX』第39話「蒼穹-そら-」にて、蒼穹作戦のさなか、乱入してきたのはイルボラの乗る零影。彼は、『ある目的』を果たすため、その目的の障害となるイドゥンに対し戦いを挑むが、フェストゥムであるイドゥンには攻撃が尽く読まれて通じず、満身創痍の状態になってしまう。マークニヒトが零影ごとイルボラを同化しようと迫る。イルボラがロミナ姫の名を叫んだその時―「ふぅ…ギリギリセーフ、ってとこだな」
それを阻んだのは最初のマークニヒト戦で『いなくなった』はずのマークアイン、そして―道生だった。実は、彼は自爆後にイルボラに救出され、ザ・ブーム軍の下で治療と愛機の修理を受けていたのだ。それを見て驚く。対して彼は「へへ、破るわけにはいかないだろ?弓子との約束をよぉ!」と、飄々と返す。そう、彼は愛する家族のために『帰ってきた』のだ。
だが、助けられたイルボラは道生の加勢を忌々しげに見る。しかし、救出された際に彼の本質を知った道生は、「これで貸し借りはなしだ、これ以上後輩達と敵対するなら容赦しない」としたうえで、こう続ける。「まだ、あると思うぜ? あんたにも、帰る場所がよ…」と。彼が帰るべき場所に帰れるかは…これまでの、そしてこれからのプレイヤー次第である。

関連機体[編集]

マークツヴァイ
マークドライ
マークエルフ
マークツヴォルフ
同型機。
メガセリオン・モデル
道生の以前の乗機。