マークエルフ

提供: スーパーロボット大戦Wiki
移動先: 案内検索
マークエルフ
外国語表記 Mark Elf
登場作品 蒼穹のファフナー
分類 ファフナー・ノートゥングモデル
型式番号 Mk.XI
全高 35 m
所属 竜宮島アルヴィス
パイロット 真壁一騎
デザイン 鷲尾直広
テンプレートを表示

概要[編集]

竜宮島製のファフナーであるノートゥングモデルの一機、ファフナー・Mk.XI(マークエルフ)。「エルフ」はドイツ語の『11』を意味する。

近接汎用タイプの機体で、マークアイン、マークツヴァイ、マークドライマークツヴォルフは同型機。元々のカラーリングは空色だったが、第2話で大破した際に紺色のファフナー・マークツヴァイのパーツを流用して修復されたため、カラーリングが紺色になった。

竜宮島にフェストゥムが襲来した際に真壁一騎が搭乗しこれを撃退。以降物語中盤まで、一騎の能力もあり主力として活躍する。

一騎が島を離れた際に一緒に持ち出されたが、ジークフリードシステム皆城総士の支援もなくフェストゥムや人類軍のファフナー相手に苦戦を強いられる。最終的に新国連の手に渡り、機体のコアはマークザインへと移植、機体は解体されている。

登場作品と操縦者[編集]

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦K
スポット参戦のみ。修復エピソードが無い為、最初からカラーリングは紺色。お気に入り選択時など、一部の場面で空色のカラーリングが見られる。
スーパーロボット大戦UX
プロローグでは空色で登場。今回はちゃんと正式参戦する。Kと性能はほぼ同じであり、バランスの取れた機体。改造値はマークザインに引き継がれるため活躍させるなら早期改造は必須。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

デュランダル
携行式の銃。UXプロローグで登場する初期タイプがゲーグナーの代わりに装備している。
ゲーグナー
小型のレーザー兵器。
マインブレード
敵に突き刺した後に爆発する短刀。
ルガーランス
槍型の刺突武器。敵を刺し貫いた後、敵の内部で刀身を展開しレールガンの弾を零距離で叩き込む。
Kでは、トドメ演出の時に一瞬だけ空色のカラーリングになる。
レールガン
実弾の射撃武器。電磁誘導で加速した弾丸を射出する。
Kでは原作再現で毎回レールガンが収容台ごと射出されて敵に突き刺さる。UXでは地面に突き刺さるようになったが、UX脱走中でも収容台ごと飛んでくる(由紀恵が射出してくれていたのかもしれないが)。

特殊能力[編集]

剣装備、銃装備
切り払い撃ち落としを発動。
ノルンシステム
バリア。攻撃やバリアを張ることができる無人のサポート兵器。
ジークフリードシステム

移動タイプ[編集]

オープニング映像では竜宮島上空に飛び立つカットが描かれているが、マークエルフ単体での高空への飛翔は不可能である。空中戦を行うには、支援航空機「リンドブルム」のサポートが欠かせない。

サイズ[編集]

M
全長35メートルはMサイズに分類されるロボットの中でも最大級。

機体ボーナス[編集]

UX
  • 初期段階:運動性+5 CRT補正+10
  • 第二段階:運動性+10 CRT補正+15 移動力+1
  • 第三段階:運動性+20 CRT補正+20 移動力+2
  • 最終段階:運動性+30 CRT補正+30 移動力+2 特殊回避15%
典型的なリアル系のボーナス。

機体BGM[編集]

「ナイトヘーレ開門」
ファフナー系汎用。

関連機体[編集]

マークツヴァイ
同型機。マークエルフが大破した為、マークツヴァイのパーツを流用して修復された。
マークアイン
マークドライ
マークツヴォルフ
同型機。
マークザイン
人類軍が造り上げた最新型ファフナー。マークエルフのコアを移植している。

余談[編集]

  • マークエルフという名称は、原作を務めた冲方丁氏が執筆した『微睡みのセフィロト』の主人公が所属している組織の名前が初出である(ちなみに一番から一二番目、つまりファフナーの数だけの組織が存在する)。実は、冲方氏はこれらを書籍が再販されるまですっかり忘れていたという逸話がある。
    • もっとも、ファフナーに使用されたのはただの流用というわけではなく、冲方氏の執筆する作品のキャラクターや組織はたいていが「月」「数」などの「」に由来しているのが、大きな理由である。
    • ちなみに、マークエルフの後継機たるマークザインも「存在」の他にも「実数」を意味している。冲方氏曰く「ある種の強迫観念的な必然性がある」とのことである。

商品情報[編集]