ターミネーターポリス

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ターミネーターポリス
外国語表記 Terminator Police
登場作品 蒼き流星SPTレイズナー
初登場SRW スーパーロボット大戦64
SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
分類 テラー・ストライカー
生産形態 量産機
型式番号 TS-TP-50D
全高 9.76 m
所属 グラドス軍
テンプレートを表示

ターミネーターポリスは『蒼き流星SPTレイズナー』の登場メカ

概要[編集]

占領後の地球において、治安維持に使用される量産型TS。第2部では毎回のプロローグで大量の本機が大都市を蹂躙する様が描かれており、視聴者へ「敵勢力に因って既に地球が制圧済み」である事を強烈に印象付けた。

両腕の伸縮機能をはじめ各部の仕様は異なるものの基本構造はスカルガンナーと同じで、対象を識別する機能を付加しているが識別そのものに手間取る事がある為、単体の戦力はスカルガンナーほど手強くない。然しながら、複数の機体で敵機を包囲し連携攻撃を仕掛けるフォーメーションを基本戦術とするので、スカルガンナー譲りのトリッキーな機動性も含めて意外と梃子摺らされる。

登場作品と操縦者[編集]

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦64
序盤からムゲ・ゾルバドス帝国軍のザコとして登場。過去作でのドローメミニフォーの如く、色々な作品の敵役に運用されている。なおスカルガンナーより能力は高い。
スーパーロボット大戦GCXO
中盤以降、グラドス軍のザコとして登場。Sサイズなので回避に長け、チクチクとこちらの機体の部位を攻撃してくる。ただし、HPや装甲は他のSPTMFのそれ以上に貧弱なため、攻撃を当てさえすれば大抵1~2撃で落とせる。捕獲すれば非常食にパーツ変換できるが、なにぶんSサイズなのでサイズ差を利用して部位を攻撃できないのが難。また、無人機なので運用はできない。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

対生物用サーマルビーム
レーザードガン
クローアーム

移動タイプ[編集]

飛行可能。

サイズ[編集]

S

関連機体[編集]

スカルガンナー