ギシン兵

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
ギシン兵
登場作品 六神合体ゴッドマーズ
初登場SRW スーパーロボット大戦64
SRWでの分類 パイロット
一般兵
テンプレートを表示
プロフィール
所属 ギシン帝国
役職 一般兵
テンプレートを表示

ギシン兵は『六神合体ゴッドマーズ』の登場人物。

概要[編集]

ズール皇帝率いるギシン帝国の一般兵士。

登場作品と役柄[編集]

Zシリーズ[編集]

本シリーズでは「ギシン兵」名義。 エスパーロボに搭乗する超能力者に対し、ギシン星戦闘機ギシン星戦闘艦などが割り当てられている。

第2次スーパーロボット大戦Z破界篇
第2次スーパーロボット大戦Z再世篇

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦D
ギシン星間帝国の兵士で、「帝国兵」名義。正確に言えばギシン兵士ではなく、半オリジナルの存在である。クローンの素性が判明したクロッペンを糾弾する等、『未来ロボ ダルタニアス』のザール兵の役割を一部担っている。

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦64
ギシン星兵」名義。エスパーロボに搭乗しているが超能力は持っていない。持っていたとしても、運動性の低いエスパーロボでは生かせないだろうが。

人間関係[編集]

ズール皇帝
帝国の支配者。

他作品との人間関係[編集]

クロッペン
D』では上官だったが、クローンの素性が判明した彼に罵声を浴びせる。
ベガ兵
64』では同僚にあたる。

スパロボシリーズの名台詞[編集]

「黙れクローン! 俺たちは貴様を手みやげに、地球の戦艦に投降するのだ」
「ギシンの軍律では、上の失敗は下にも及ぶ。失敗しつづけた貴様がクローンとあっては、俺たちも巻き添えで処刑される。冗談ではない」
D』の「暴かれた真実」より。失態が続いたクロッペンがクローンと判明するや、まがりなりにも上官であった彼を投降の手土産にしようと目論むが……。
「なんだと、捕虜!? お、俺たちはクローンを捕らえてきた。その俺たちを、クローンと一緒に扱うというのか!?」
「くっ…冗談じゃない。捕虜になどされてたまるか! くそっ、部隊を出せ! 手柄をたてなきゃ、俺たちは帰れないぞ!」
『D』の同話にて。剣人が兵士達の真意を測るべく、クロッペンと同様の待遇にするという言葉を受けての対応。結果、自軍部隊からも信頼には値しないと判断され、投降を図った兵士達は全滅。逆にクロッペンは要塞から無事脱出するという皮肉な結果に終わった。