オロシャのイワン

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
オロシャのイワン
外国語表記 Ivan
登場作品 ジャイアントロボ THE ANIMATION 地球が静止する日
声優 原康義
初登場SRW スーパーロボット大戦64
SRWでの分類 パイロット
テンプレートを表示
プロフィール
種族 地球人
性別
年齢 32歳
出身 バシュタール
所属 BF団
テンプレートを表示

オロシャのイワンは『ジャイアントロボ THE ANIMATION 地球が静止する日』の登場人物。

概要[編集]

BF団のB級エージェント。左目辺りにあざのような傷跡があり、興奮したり怒ったりするとこれが赤くなる。

メカを操る技術に長け、その能力を活かして衝撃のアルベルトの指揮の下で怪ロボット・ウラエヌスを駆る。忠誠心に厚く任務に忠実であり、作戦のためなら、多少の残酷な行動も辞さない。また、かつて起きた大事故「バシュタールの惨劇」で故郷を失っている。

上海における、国際警察機構の「電磁ネットワイヤー作戦」においてウラエヌスを駆ってジャイアント・ロボと戦うが、敗死する。

オロシャとは江戸時代のロシアの呼び方。つまり「ロシアのイワン」である。

原点は『マーズ』の「第四の神体・シン」に搭乗する監視者。

登場作品と役柄[編集]

αシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦α
スーパー系ルート第3話より登場。新早乙女研究所周辺で何やら暗躍していたが、どうやら内部に侵入し新型ゲッターの設計図を強奪した模様。この事が後に量産型ゲッタードラゴンの開発を許す事態へと繋がる。
ウラエヌスに乗って登場するシーンがDVEなので印象に残るが、後半はジャイアント・ロボの影が薄くなる為に影が薄い。出てくる度に声つきで名乗れる別の意味で幸せなキャラ。
スーパーロボット大戦α for Dreamcast
新機EDルートで再登場。NERV本部に爆弾を設置し一人ターミナルドグマに残る衝撃のアルベルトと会話した後脱出。死亡イベントは回避した。

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦64
初登場作品。

パイロットステータス[編集]

精神コマンド[編集]

α
加速必中ひらめき熱血隠れ身かく乱

人間関係[編集]

衝撃のアルベルト
上司。

名台詞[編集]

「貴様アルベルト様に無礼ではないか!!」
アルベルトに侮辱的な事を言う幻夜に対して。幻夜に近づく際の猛スピードはまさに超人である。
「その国の名がバシュタール。そしてその名を持つ国は今は存在しない、私の生まれ故郷と共に…フフフ、ハーハッハッハッ! 傑作じゃないか、ハハハッ。何が完全無欠の絶対エネルギーだ、笑わせるんじゃない! 我々BF団でもここまではしないさ、ハハハッ!」
イワンの背景が少し分かる印象的な台詞。目には涙が光る。
「フホホ…さよう。ビッグ・ファイアのエキスパート、オロシャのイワン!」
電磁ネットワイヤー作戦時。『α』では横浜や極東基地襲撃時に言い、DVEとなっている。
「こちらイワン、これまでです。ビッグファイアの為に! 後は頼みます」
最期の台詞。アルベルトとの会話であり、最後まで任務に忠実であった。スパロボでは後半の台詞が被撃墜時の台詞として採用されている。

操作機体[編集]

ウラエヌス