アントン・ランドー

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
アントン・ランドー
外国語表記 Antoon Randow
登場作品 重戦機エルガイム
声優 島田敏
初登場SRW 第4次スーパーロボット大戦
SRWでの分類 パイロット
テンプレートを表示
プロフィール
種族 ペンタゴナ星系人
性別
所属 ポセイダル正規軍
テンプレートを表示

アントン・ランドーは『重戦機エルガイム』の登場人物。

概要[編集]

ネイ・モー・ハンの副官で、13人衆候補。物静かなタイプ。劇中ではバッシュに搭乗する。

ネイと共に幾多の戦場を駆け抜けたが、ガストガルに入ったネイの命令によりギワザ・ロワウの副官となる。

最終局面まで生き残っており、最終回のダバクワサンの旅立ちを、ダバの仲間たちと共に(いつ彼らと和解したのかは不明)見送っていた。

顔についている模様は刺青ではなくステッカーのようなものらしく、上記の場面でハッシャ・モッシャにはがされそうになっていた。

登場作品と役柄[編集]

旧シリーズ[編集]

何故かキャラクター事典では顔の模様を剥がそうとしていたのがミラウー・キャオという事になっている。

第4次スーパーロボット大戦S
序盤はアシュラテンプル、終盤はグルーンに搭乗している。
スーパーロボット大戦F
音声収録。序盤はバッシュ、中盤以降はアシュラテンプルに乗っている。リアル系第2話でいきなり対峙することになる上、バスターランチャーをぶっ放してくるので『第4次』より危険。
スーパーロボット大戦F完結編
ヘッケラーが戦死すると精神コマンド「必中」「熱血」「気合」を使用。以降ターン開始毎に使う様になる。
リアル系が主力になりがちな本作では、非常に危険な組み合わせ。ヘッケラーを後回しにしてでも発動させない様にしたい。

COMPACTシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦COMPACT
終盤で戦う事になるが、あまり目立った活躍はない。乗機はバッシュと、アシュラテンプル

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦GCXO
音声が新規収録された。中盤シナリオで戦う。乗機はバッシュ。同僚のヘッケラーと似たような能力。
スーパーロボット大戦Operation Extend

関連作品[編集]

リアルロボット戦線
ヘッケラーと共に、第1話から敵パイロットとして登場。
ポセイダルシロッコルートではスポット参戦の味方としても操作できる。

パイロットステータス[編集]

精神コマンド[編集]

第4次S
根性ド根性ひらめき必中集中
FF完結編
根性ひらめき熱血挑発友情かく乱
『F完結編』ではイベントで「必中」「熱血」「気合」を使用。
リアルロボット戦線
友情鉄壁ひらめき努力信頼加速

特殊技能[編集]

FF完結編
シールド防御L5、切り払いL5
GCXO
底力L5、援護L2、シールド防御

人間関係[編集]

ギワザ・ロワウ
後半は彼につく。
ネイ・モー・ハン
上官。しかし後半ではネイの弁解にも聞く耳を持たず、ギワザの意向通りに処刑しようとした。
ヘッケラー・マウザー
同僚。

名台詞[編集]

「ネズミだよ。うろちょろウロチョロと、せこいドブネズミだろうが!!」
ギャブレット・ギャブレーをこう評する。スパロボでは戦闘台詞に採用されている。

スパロボシリーズの名台詞[編集]

「ヘッケラー!?」
「おのれっ! ヘッケラーのカタキ!!」
F完結編』DCルート「翻る叛旗」より。ヘッケラーを落とすと、本作独自のこのDVEとともに精神コマンドを使ってくる。
2行目はキャラクター事典の一言モードに採用されているので、未視聴者は間違いなく勘違いするが、原作ではヘッケラーの死について特に何も触れていない…。

搭乗機体[編集]

バッシュ

SRWでの搭乗機体[編集]

アシュラテンプル
第4次FCOMPACT
グルーン
第4次