つぐみ・ローゼンマイヤー

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
つぐみ・ローゼンマイヤー
外国語表記 Tugumi Rosenmeier
登場作品 創聖のアクエリオン
声優 日笠山亜美
デザイン 金田榮路(原案)
藤川太
初登場SRW スーパーロボット大戦Z
SRWでの分類 パイロット
テンプレートを表示
プロフィール
種族 地球人
性別
年齢 15歳前後
所属 ディーバ
テンプレートを表示

つぐみ・ローゼンマイヤーは『創聖のアクエリオン』の登場人物。

概要[編集]

DEAVA所属のエレメント候補生一軍。巨乳の眼鏡っ子。エレメントとしての能力は、我慢しきれないほどの興奮により心拍数が高まることで、周囲に物理的な爆発を生じさせるというもの。また、エレメントの転送のテレポートにも優れている。

どこか抜けた性格であり、ドジな一面が目立つ。また、機械のハードに精通しているというオタク的な面を備えており、ソフト面に強いジュン・リーとは嗜好が似ている為か、一緒にいる事が多い。ジュンとはエレメントとしての能力の相性も良く、ジュンの念動能力と彼女の爆発能力を組み合わせた「逆念写爆破」といった合体技を使用したこともある。その一方、彼女の好意の対象となっているのは候補生の先輩である紅麗花で、その熱烈ぶりは軽くレズビアン的な域に達している。

登場作品と役柄[編集]

Zシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦Z
彼女を含む乗り換えパターンのセットを選択していた場合に限り、アクエリオンルナまたはアクエリオンデルタのメインパイロットとして戦闘が可能。攻撃的な精神コマンドこそ所持してないが、搭乗機の関係で射程の長い技を持つ。
原作イベントも良く再現されているが、機械オタクな面は出ていない。
乗り換えパターンの都合上、リーナ・ルーンと二択になってしまう。両者とも優秀なサポート系の精神コマンドを持つので残念である。
スーパーロボット大戦Zスペシャルディスク
追加エピソード「食べたくて合体」では、他の女性キャラと同様の末路をたどってしまう。
第2次スーパーロボット大戦Z破界篇/再世篇
他のエレメントたちと同様にカラミティ・バースにより転移してくる。アクエリオンを使っていない人でも貴重な脱力要員として戦場に出す価値はあるだろう。

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦X-Ω

パイロットステータス[編集]

能力値[編集]

戦闘能力値は全エレメントでも最低クラスだが、SPだけは他のエレメントたちよりも高い。彼女のここぞという時の心根の強さを表したものだろう。

精神コマンド[編集]

愛は原作終盤での名台詞を再現したものだろう。脱力持ちのため、大ボスとの戦いには心強いサポート要員となる。そのため普段は担当を努める事が多いが、資金稼ぎをしたい時には愛を使うことも。

Z
鉄壁努力不屈脱力
第2次Z
鉄壁努力不屈脱力補給
補給が追加された。

特殊技能(特殊スキル)[編集]

Z
超能力気力+ (ダメージ)援護防御

小隊長能力(隊長効果)[編集]

HP・ENの回復量+50%
Z』での隊長効果。愛に溢れ、優しい性格の彼女らしい小隊長能力。回復量が1,5倍になる為、小隊員機に修理装置を持つ機体を組み込んでおくといい。

固有エースボーナス[編集]

回避+25
第2次Z』でのエースボーナス。スーパー系のアクエリオンとは噛み合わず、そもそもアクエリオンは射程外から無限拳を飛ばすことが多いので攻撃される機会も少ない。

人間関係[編集]

紅麗花
軽いレズっ気があり、先輩と呼び慕う。
ジュン・リー
お互い仲の良いコンビ。
不動GEN
直接の上司。

他作品との人間関係[編集]

ゲイナー・サンガサラ・コダマ
Z』の留守番ルート第34話でジュンと共に買い出しをしてたが、ゲイナーとサラがシンシアに捉まり、サラに買い物の品を押し付けられて帰る羽目になった。
松浦ナナセ
第2次Z再世篇』では好きな人が同性つながりで友人となった。彼女とは他にも「眼鏡っ子」「ナイスバディ」という点も共通している。

名台詞[編集]

「私、先輩の事が…どんなに辛い事があっても負けない真っ直ぐな先輩が大好きです!」
「そして、ディーバのみんなも!」
「だって、好きって気持ちに限界なんて無いから!」
「辛い事も、悲しい事も、全部ひっくるめて、私は…人間が…大好きだぁぁぁぁぁぁぁっ!!」
第24話「天空のゲート」より。感情を爆発させ、「爆愛無限光」を発動させた際のセリフ。つぐみの最大の見せ場である。
Z』ではDVEで再現され、異次元空間に閉じ込められたZEUTHを救う大活躍を見せた。画面いっぱいに広がるハートマークは圧巻の一語に尽きる。

スパロボシリーズの名台詞[編集]

「で、でも…私…!ジュン君がいないと!」
Z』より。シリウスアクエリオンマーズZEUTHに戻り、ピエールが麗花とつぐみと合体しようとして、それに対して言った台詞。アニメではジュンが乗ってなくても合体していた。スパロボでは乗り換えパターンなどのシステムの都合により、ジュンが乗っている状態でしか合体出来ないので若干メタな発言と言えなくもない。

搭乗機体・関連機体[編集]

アクエリオンルナ
アクエリオンデルタ

余談[編集]

つぐみ役を演じた日笠山亜美氏は、『ひがさやま つぐみ』と読む。偶然にも、キャストと役の名前が一致している。