電童・バイパーウィップ

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
電童・バイパーウィップ
外国語表記 DENDOH VIPER WHIP
登場作品 GEAR戦士電童
初登場SRW スーパーロボット大戦R
SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
分類 GEAR
全高 24.5 m(バイザーオープン時25 m)
動力 ハイパーデンドーデンチ×2本
出力 736 MW(100万馬力)
データウェポン バイパーウィップ
素体 GEAR戦士電童
乗員人数 2名 → 最低1名
パイロット 草薙北斗
出雲銀河
テンプレートを表示

電童・バイパーウィップは『GEAR戦士電童』の主役メカの一つ。

概要[編集]

バイパーウィップをインストールし、左腕に装備した電童

原作だとバイパーウィップはガルファに操られていたアルテアと契約してしまい、その後ガルファの支配より開放されたアルテアから草薙北斗に託されたが、それとほぼ同時に北斗が凰牙に乗り換えてしまったため、この形態になることは無かった。

登場作品と操縦者[編集]

SRWでは電童のメインパイロットは銀河であるが、この状態に変形するとメインパイロットが北斗に変わる。

最大のポイントは分身が使えることだが、電童・ユニコーンドリルのファイヤーウォールと比べると安定性に欠ける。

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦R
初出演作品。この形態が使用できるということは電童が2人乗りに戻っているということであり、間もなくフェニックスエール入手が控えている。凰牙・バイパーウィップ同様分身が使えるが、活躍できる機会は少ないだろう。

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦MX
ほぼ『R』と同様。FAは移動後使用可になっている。
スーパーロボット大戦Card Chronicle
味方ユニットとして登場。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

本体武装[編集]

剛腕粉砕撃
腕のタービンを回しながらの拳打。
旋風三連撃
正拳突き、足払い、フックと繋ぐコンビネーション。2段目の攻撃は、敵が空中の場合は回し蹴り。
爆砕重落下
空高く飛び上がり、上空から敵に向けて重力に任せて落下し、質量によって相手を粉砕する。
波動龍神撃
水中において両腕のタービンを回し、水流の渦を発生させて相手にぶつける。
本来水中用の技のはずなのだが何故か海適正が低い。
閃光雷刃撃
両腕の回転するタービンから発生した雷撃を放ちながら機体を回転させ、広範囲の敵を薙ぎ払う。
ゲーム中での扱いはマップ兵器。Rでは自機中心に射程5と中々の性能を持ち、鉄壁地中移動と併用すれば敵一掃も充分可能。

データウェポン[編集]

FL(ファイルロード)バイパーウィップ
バイパーウィップを実体化させ、敵を攻撃させる。
クラッシャーファング
バイパーウィップの頭部を撃ち出し、敵に打ちつける。
R』にて採用。
イリュージョンアタック
イリュージョンフラッシュで分身した後、クラッシャーファングを連続で叩き込む。
MX』ではクラッシャーファングの代わりにこちらが採用された。
バイパーウィップFA(ファイナルアタック)
鞭となったバイパーウィップを頭上で振り回した後、雷のエネルギーを纏わせて敵に叩き込む。

特殊能力[編集]

イリュージョンフラッシュ
高速移動の残像によって相手を惑わす分身
変形
データウェポンをインストールして姿を変える。
ハイパープラズマD
ハイパーデンドーデンチを交換してENをMAXまで回復する。

移動タイプ[編集]

飛行可能。

サイズ[編集]

M

関連機体[編集]

凰牙・バイパーウィップ