ハイパーデンドーデンチ

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

ハイパーデンドーデンチとは、『GEAR戦士電童』に登場する動力源。

概要[編集]

その名の通り巨大な電池で、一本につき日本中の電力一日分が込められている。電童はそれを2本も必要とするのだからその莫大なパワーと消費量が窺い知れる。セルファイターにより、ファイナルアタック使用後の再装填が可能となった。元は電池なので、一般電力に転用することも、逆に一般電力をかき集めてデンチに補充することも可能。

ちなみに番組放送当時に発売された電童及び凰牙の玩具は、電動ギミック用として劇中同様バックパックに電池を搭載するようになっており、一種のなりきり玩具としての側面を持つ。

SRWでの扱い [編集]

セルファイター及びセルブースターセルブースターバルハラ専用の特殊コマンドとして実装。電童及び凰牙のENを全回復させる。
GEARのENを回復させる数少ない手段(他には戦艦への搭載・精神コマンド「補給」くらい)。GEARの必殺技・ファイナルアタックはEN残量により威力が変化する・一発で残りENを全消費するといった特性を持つため、ファイナルアタックを撃つ前&撃った後にはデンチによる回復が欠かせない。

「一本で日本中の電力が賄える」という容量から、『MX』では新世紀エヴァンゲリオンとクロスオーバーしてヤシマ作戦EVA初号機の撃つポジトロンスナイパーライフルの動力源として転用された。

関連用語[編集]

セルファイター
電童にデンチを補給するために開発された「空中電池換装機」。
GEAR戦士電童騎士GEAR凰牙
デンチを背中に2本搭載する。よく見ると、並べて入れられたデンチのプラス・マイナスがちゃんと互い違いになっている。芸が細かい。