凰牙・バイパーウィップ

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
凰牙・バイパーウィップ
外国語表記 OGER VIPER WHIP
登場作品 GEAR戦士電童
初登場SRW スーパーロボット大戦R
SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
分類 GEAR
全高 28.5 m(バイザーオープン時25.8 m)
動力 ハイパーデンドーデンチ×2本
出力 736 MW736,000 kW <br />(100万馬力)
データウェポン バイパーウィップ
素体 騎士GEAR凰牙
乗員人数 1名
パイロット アルテア草薙北斗
テンプレートを表示

凰牙・バイパーウィップは『GEAR戦士電童』の登場メカ

概要[編集]

アルテアが最初に契約したデータウェポンバイパーウィップをインストールし凰牙の左腕に装着した姿。

騎士凰牙がもっとも多用した形態である。凰牙及びバイパーウィップが北斗に譲られたことに伴い北斗も使用することになる。やはり血は争えないのか、これを使いこなす北斗の勇姿はなかなか板に着いたものだった。

登場作品と操縦者[編集]

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦R
敵としては素の凰牙より格段に手強くなっており、分身する上、アルテアの能力も高いので強敵。電童単体で戦うには分が悪い。北斗搭乗時は分身を活用するため、気力を上げてから使用するといい。

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦MX
スパロボRと同様に強敵。思わぬ位置からFAを撃ってくるので要注意。基本的に電童狙い。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

本体武装[編集]

剛腕粉砕撃
腕のタービンを回しながらの拳打。
旋風三連撃
正拳突き、足払い、フックと繋ぐコンビネーション。2段目の攻撃は、敵が空中の場合は回し蹴り。
爆砕重落下
空高く飛び上がり、上空から敵に向けて重力に任せて落下し、質量によって相手を粉砕する。
波動龍神撃
水中において両腕のタービンを回し、水流の渦を発生させて相手にぶつける。
本来水中用の技のはずなのだが何故か海適正が低い。
閃光雷刃撃
両腕の回転するタービンから発生した雷撃を放ちながら機体を回転させ、広範囲の敵を薙ぎ払う。
ゲーム中での扱いはマップ兵器

データウェポン[編集]

FL(ファイルロード)バイパーウィップ
バイパーウィップを実体化させ、敵を攻撃させる。
クラッシャーファング
バイパーウィップの頭部を撃ち出し、敵に打ちつける。本体とはワイヤーで繋がっているため、射出後の軌道をコントロールすることも可能。原作では牙で敵を切り裂いたり、噛み付く要領で敵を掴んで振り回すといった使い方も見せた。
Rにて採用。
イリュージョンアタック
イリュージョンフラッシュで分身した後、クラッシャーファングを連続で叩き込む。
MXではクラッシャーファングの代わりにこちらが採用された。
バイパーウィップFA(ファイナルアタック)
鞭となったバイパーウィップを頭上で振り回した後、雷のエネルギーを纏わせて敵に叩き込む。
Rでは移動後不可射程4と使いにくい性能だったが、MXでは移動後有射程武器に変更された。

特殊能力[編集]

イリュージョンフラッシュ
高速移動の残像によって相手を惑わす分身。敵だったころのアルテアが多用していた。
変形
データウェポンをインストールして姿を変える。
ハイパープラズマD
ハイパーデンドーデンチを交換してENをMAXまで回復する。

移動タイプ[編集]

飛行可能。

サイズ[編集]

M

関連機体[編集]

電童・バイパーウィップ