野原ひろし

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
野原ひろし
読み のはら ひろし
外国語表記 Hiroshi Nohara
登場作品 クレヨンしんちゃん
声優

藤原啓治
森川智之(代役)

少年時代
山口勝平
小林由美子
矢島晶子
デザイン 臼井儀人(原作)
小川博司(アニメ)
初登場SRW スーパーロボット大戦X-Ω
SRWでの分類 NPC
テンプレートを表示
プロフィール
種族 地球人(日本人)
性別
年齢 35歳
出身 秋田県
身長 180cm
所属 双葉商事(勤続15年)
役職 係長
好きな物 ビール[1]
美人の女性
嫌いな物 妻のお仕置きとお説教
歯医者
テンプレートを表示

野原ひろしは『クレヨンしんちゃん』の登場人物。

概要

野原しんのすけの父親で野原一家の大黒柱。秋田県出身で、ふたば商事(原作ではアクション商事)営業課の係長。

面長顔と無精ひげが特徴。平日は仕事に追われ、休日になると家でぐうたらする事が多いなど、どこにでもいる普通のお父さん。しかし家族の危機を始め、いざという時には活躍をする事が多く、特に劇場版では主役級の活躍を与えられており、その活躍ぶりもあってか多くのファンから「世界最強のサラリーマン」と評されている。

壮絶なまでの足の臭さと硬いヒゲが悩みの種だが、劇場版を初めとした特別編では武器として大活躍。

息子のしんのすけに遺伝する程の女好きであり[2]、鼻の下を伸ばす度に、妻の野原みさえに嫉妬されるが[3]、根はみさえ一筋。

登場作品と役柄

単独作品

スーパーロボット大戦X-Ω
初登場作品。2016年4月のイベント「嵐を呼ぶ!銀河ロボット大決戦」にて期間限定参戦。
しんのすけを戦いに巻き込んだとしてカンタムを叱責する場面があるなど、家族思いの父親としての姿は本作でも健在。

人間関係

家族

野原しんのすけ
息子。しんのすけからは「おバカでエッチで軽いノリの父ちゃん」とも思われている。
野原みさえ
妻。尻に敷かれる事が多いが、互いに愛し合っている。
野原ひまわり
娘。
シロ
ペットの犬。

ひろしの家族

野原銀の介
父。しんのすけ同様に破天荒であることから、ツッコミを入れることもしばしば。
野原つる
母。豪快な性格の持ち主。
野原せまし
実家を継いでいる兄。大らかな弟とは対照的に、頑固で融通の利かない性格。アニメ版未登場。

会社

川口
仲の良い部下であり、互いに理解者。
草加ユミ
部下の若い女性社員。手編みのベストをプレゼントするなどひろしに気があるような素振りを見せるが、その理由はひろしが死んだペットの猿である「ゴンザレス」に似ていてつい世話を焼いてしまうかららしく、別段恋心などの特別な感情はない[4]。ひろしが会社での浮気を密かに疑われる原因の一つになっている。
部長
上司。部下思いではあるが、仕事に厳しいことから叱られることも少なくない。

その他

スーザン小雪
またずれ荘で知り合ったニューハーフ。特に気に入られている。彼に限らずひろしは何故かオカマにモテる。
リョーコ
ひろしが偶然助けた女子高生。この一件以来惚れられてしまうが彼女の事を思ってひろしはあえて突き放した。
吉永みどり
しんのすけのクラスの担任。家庭訪問の際、しんのすけに誤って酒を飲まされて酔っ払った彼女に、恋人の石坂純一と勘違いされて抱き付かれるなど不倫になりかけた(しかも、本人も顔を赤くするなど満更でもなさそうにしていた)たり、髭面がお気に召されなかったことで「顔面大根おろし」の刑を受けるなど酷い目に遭わされた。

他作品との人間関係

ツナシ・タクト
X-Ω』にて共演。宇宙魔人との戦いに臨むしんのすけを、カンタムと彼に託す事に。また、息子同様、ひろしも彼のイケメンオーラに当てられる場面も。
エンドウ・サリナ
X-Ω』にて共演。彼女の機転により、迷子になったしんのすけと再会できた。
ミヤビ・レイジ
X-Ω』にて共演。宇宙魔人の巻き起こす事態に無関心と不干渉の姿勢を貫く。直接顔を合わせることはなかったが、息子の危機という状況に対しての行動は(後述の台詞と合わせて)ひろしと真逆の存在とも言える。
ホランド・ノヴァク
声優が同じ。共演したことは無いが、『Z』ではプレイヤーに明らかにひろしを意識させられる台詞を発する。

名(迷)台詞

「野原一家、ファイヤー!」
映画などで奮起する際の合言葉。
「俺の靴下はジャスミンの香り」
酔ってフザけて歌った歌。しかし彼の足はジャスミンどころか家族から危険物扱いされるほどの刺激臭である。
リョーコちゃんへ
オレは君が思ってるようなカッコイイおじさんなんかじゃない。
あの時オレのカバンがグーゼンちかんにぶつかっただけだ。
だからオレのことはわすれなさい。オレもほんとうに勇気あるおじさんにがんばるから君も勉強ガンバレ!!!
家族を愛する普通のおじさんより。
29巻にて、偶然満員電車で痴漢から女子高生を救ったことから彼女にデートに誘われたひろし。当初はすっかり浮かれ切ってしまっていたが、こんな偶然でこれ以上女の子を騙しちゃいけない。何よりこんな浮気同然の関係をこれ以上続けてはいけないとあえて彼女を突き放した際のメールの全文。その後リョーコは泣いていた為恐らくひろしに惚れていたのだと思われる。そして……。
「おっとゴメンよ」
同エピソード終盤、再び痴漢現場に遭遇したひろしは今度は本当に「勇気あるおじさん」となる為に痴漢を偶然を装って成敗した。文面ではアクセントマーク等は無いがこの時のひろしの表情は憤怒の表情となっており、彼の精神的な成長が垣間見れるシーンとなっている。
「いいよ! お前はそれでいい! 一人の女をずっと愛せるなんてかっこいいじゃねぇか!それを悪く言う奴なんて気にするな!!!」
原作後半、自分と同じ会社に勤めたはいいがミッチーを忘れられず仕事に手がつかないヨシりんへの激励。美女に目移りしつつもみさえ一筋で愛し続けている彼だからこそ言える熱い台詞である。この後ヨシりんはひろしの言葉を糧にミッチーに早く会う為に仕事を頑張った結果ひろしと同じ部署に配属されることになる。
「気楽にやってるだと!? サラリーマンだって大変なんだぞ! 結婚してない兄貴にわかるかよ!!」
田舎に帰省した際、思想の違いから兄弟喧嘩に発展した際にせましを責めた際の台詞。独身だが実家の農家を継いだせまし。上京し自分の家族を持ったひろしという其々種類が違う辛さがぶつかり合い仲たがいしてしまう。その後せましのエピソードを介して二人は仲直りをした。
「死んでもはなさねぇぞくそぉぉぉっ」
40巻にて。退勤時に偶然出会ったスーパーマンに強さの源・スーパーネクタイを貰いその気になって悪漢を止めにかかるが間違えて普通のネクタイをつけて出勤してしまった為吹きとばされてしまう。しかしスーパーマンであろうとなかろうと目の前の悪を野放しに出来なかった彼は悪漢にタックルし掴みかかった。そして…
「これ返すよ。オレやっぱりスーパーマンに向いてないよ。」
「それに腕力が無くても正義の味方になれるってわかったし。」
事件後の夜、スーパーマンにスーパーネクタイを返した際に自身の体験をこう評して返した。普段スケベで苦労人な部分が目立つひろしだが正義感に満ち溢れた男らしい部分もあるというひろしの魅力が垣間見れる台詞。以前リョーコを助けた経験も生きているものだと思われる。

スパロボシリーズでの名(迷)台詞

「ダメだ、この美少年オーラは俺たちにはキツすぎるぜ…!」
『X-Ω』にてタクトのイケメンオーラに当てられて。
「万年係長!野原ひろし!」「そんなもん、家族の愛に決まってんだろうが!」
『X-Ω』にて、最終決戦が行われているゼロ時間内に家族と共に駆けつけて。この時、青い光が煌めいていた為、野原一家はこの時、一時的に『家族愛の力』で戦士のシルシを得たと思われる

搭乗・関連機体

作品が作品のため、基本的に劇場作品でのみ搭乗。

カンタム・ロボ
映画『雲黒斎の野望』終盤にて、一家と共に乗り込む。
巨大ひろしロボ / 巨大ケツだけ星人型メカ
映画『逆襲のロボとーちゃん』にて搭乗。巨大五木ひろしロボと闘いを繰り広げる。

余談

  • 声を担当している藤原啓治氏を代表するキャラであり、転じて藤原氏が演じたキャラ全般が「ひろし」と呼ばれている事が多い。
  • ネット上では野原ひろしの名言とされる台詞がいくつか見受けられるが、大半がファンの創作によるものであり鵜呑みにするのは非推奨[5]
  • 藤原氏は2016年8月8日から病気療養で1年弱休業。代役として森川智之氏が同年8月26日からひろしを演じている。なお、藤原氏は体調を考慮しながら除々に仕事を再開したものの2019年現在未だひろし役には復帰しておらず、実質森川氏が二代目として役を引き継いだような状態にある。
    • シャギア・フロストキョウスケ・ナンブといった低音のクールなキャラを演じることが多い森川氏だが地声はむしろ高めで、ひろしは地声に近い声で演技を行っている。
    • 森川氏がひろし役を演じ始めたのと同時期の同じ曜日にアニメ『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない』が放映されており、しかも同アニメのラスボスたるサラリーマンの吉良吉影(劇中では川尻早人という少年の父親であるサラリーマンに成り代わっていた)も演じていたことでネタにされていた。
  • 2016年からは、ひろしを主人公としたスピンオフ作品『野原ひろし 昼メシの流儀』の連載が開始されている。
    • ただし「ひろしは常に愛妻弁当で外食等しないはず」など原作の設定から乖離していると指摘する声も聞かれ、ネット上では「自分を野原ひろしだと思い込んでいる一般人」、さらには連載が進むにつれ生気のない目つきになっていることや上記の『ジョジョ』等を含めた声優ネタも絡めて「自分を野原ひろしだと思い込んでいる殺し屋」というコラネタが作られたりしている。
    • 実際、作中にみさえやしんのすけは登場するも、声やメールでのやり取りのみになっている。

関連商品

脚注

  1. 他には、枝豆と肉じゃがと刺身も好き。
  2. さらに言えば、自身の父・銀の介譲り。ついでに言うと太眉も遺伝されている。
  3. 誤解なども加わり、離婚寸前にまで行った事もある。
  4. ひろし本人はユミに対して満更でもなく思っているところがあるようで、映画「暗黒タマタマ大追跡」ではひろしの心を読んでユミとの関係を知ったヘクソンに、「古女房より若い娘か」と言われてみさえに問い詰められ、大いに焦っている。
  5. よく知られているものとして「正義の反対は悪ではなく、別の正義」という台詞があるが、これはゲーム『パワプロクンポケット7』の黒野博士の台詞である。