野原ひまわり

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
野原ひまわり
読み のはら ひまわり
外国語表記 Himawari Nohara
登場作品 クレヨンしんちゃん
声優 こおろぎさとみ
デザイン 臼井儀人(原作)
小川博司(アニメ)
初登場SRW スーパーロボット大戦X-Ω
SRWでの分類 NPC
テンプレートを表示
プロフィール
種族 地球人(日本人)
性別
年齢 0歳
出身 埼玉県
好きな物 光り物
イケメン
嫌いな物 母のお仕置きとお説教
好きな食べ物 ミルク
たまごポーロ
離乳食いろいろ
テンプレートを表示

野原ひまわりは『クレヨンしんちゃん』の登場人物。

概要[編集 | ソースを編集]

野原しんのすけの妹で、野原家の長女。

TVアニメ版では1996年度のTVスペシャル14で誕生し、映画では1997年公開の『暗黒タマタマ大追跡』から初登場。兄同様のパッチリした目と、カールした前髪の明るい茶髪が特徴。

まだ赤ん坊ゆえに言葉は話せず、基本的に「たい」「たいやい」や「あ~」「う~」といった声を発するのみ。

性格は無邪気だが自己中心的。兄・しんのすけ同様に自由奔放で、母・みさえ同様にイケメンと光り物が好き。

登場作品と役柄[編集 | ソースを編集]

単独作品[編集 | ソースを編集]

スーパーロボット大戦X-Ω
初登場作品。2016年4月のイベント「嵐を呼ぶ!銀河ロボット大決戦」にて期間限定参戦。

人間関係[編集 | ソースを編集]

家族[編集 | ソースを編集]

野原しんのすけ
兄で、「ひまわり」と名付けたのは彼。彼からは「ひま」と呼ばれる。食べ物の事などで兄妹喧嘩もするが、強い兄妹愛で結ばれている。
野原みさえ
母。ひまわりのイケメン好きは彼女譲り。時にはしんのすけと一緒にお仕置きされる事もある。
野原ひろし
父。時折一緒にお風呂に入る。
シロ
ペットの犬。劇場版ではよく背中に乗っている。

その他の関係者[編集 | ソースを編集]

風間トオル
出会った当初は風間君がお気に入りなひまわりだったが、いつのまにか設定が無かったことにされている。
北与野博士
しんのすけが慕っている博士。彼のせいで生死の境を彷徨うハメになってしまったことがある。

他作品との人間関係[編集 | ソースを編集]

ツナシ・タクト
X-Ω』にて共演。母同様、ひまわりも彼のイケメンオーラにときめいていた。
エンドウ・サリナ
X-Ω』にて共演。彼女の機転により、迷子になったしんのすけと再会できた。

名台詞[編集 | ソースを編集]

「ごめんね、お兄ちゃん。ひどいことばっかりして…私、お兄ちゃんの事大好きだよ」
北与野博士の発明によって急成長した結果、大人状態でしんのすけをいじめてた矢先に一気に老化し死にかけた際の台詞。喧嘩が多い二人だが死の淵に立たされた際にしんのすけに対して漏れた本音であった。この後しんのすけは老婆となり寿命を終えようとしていたひまわりを博士の元へ連れていき、結果彼女を救うことに成功する。

スパロボシリーズの名(迷)台詞[編集 | ソースを編集]

「たい!たいやいやい!」
『X-Ω』にて、最終決戦が行われているゼロ時間内に家族と共に駆けつけて。

余談[編集 | ソースを編集]

  • ひまわりの登場はアニメ制作側のテコ入れとして行われたとされている。
  • 「ひまわり」の名前は、一般公募の中から原作者の臼井義人氏が選んで決めた。アニメ版ではしんのすけが考案し、野原一家それぞれが考えた名前を書いた紙飛行機を一番長く飛ばし続ける事で決めている。
  • アニメオリジナルのしんこちゃんシリーズのキャラクター・しんこは、未来から来たひまわりと思われるが、本人は「ひまわりの友人」と述べている。