ビクティム

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ビクティム
外国語表記 Victim
登場作品 勇者警察ジェイデッカー
声優 子安武人
デザイン 高谷浩利
初登場SRW スーパーロボット大戦30
SRWでの分類 機体
パイロット
テンプレートを表示
スペック
AI ビクティム・オーランド
開発 ノイバー・フォルツォイク
所属 フォルツォイク親子配下
テンプレートを表示

ビクティムは『勇者警察ジェイデッカー』の登場メカ

概要[編集 | ソースを編集]

ノイバー・フォルツォイクアンドロイドのほうのビクティム・オーランドの超AIを移植した巨大ロボット。

冷却用と思われる緑色の髪の毛があり、若干ながら、ビクティムの面影を残している。武器は槍。

ビッグ・マザーのハーメルンシステムで操られ、ブラックチーフテンを率いてブレイブポリスと交戦するが、デッカードの超AI共鳴現象によりハーメルンシステムの支配から解放され、元の心を取り戻すとフォルツォイク親子に反逆。自らの身を犠牲にしてマッド・マザーに隙を作り、ブレイブポリスの一斉射撃でマッド・マザーを破壊することに成功した。その後、崩壊するビッグ・マザーからフォルツォイク親子を助け出そうとするものの、共に海中へ没した。

その後、ハイジャス人によって精神浄化された故郷の人々を救おうとするカピアデッカードの代わりとして見出され、BPシリーズに似たボディを得て彼の故郷復興に尽力する。

登場作品と操縦者[編集 | ソースを編集]

単独作品[編集 | ソースを編集]

スーパーロボット大戦30
初登場作品。原作通り最初は敵キャラ。
終盤のキーミッション「ハートtoハート」もしくは「光あふれる未来へ」にてスポット参戦。また、条件を満たすと離脱せずにそのまま正式加入する。

装備・機能[編集 | ソースを編集]

武装・必殺武器[編集 | ソースを編集]

ランス
手持ちの馬上槍型ランス。
衝撃波
ランスに青白い炎のような衝撃波を纏わせて突撃する。

移動タイプ[編集 | ソースを編集]

飛行可能。

サイズ[編集 | ソースを編集]

M

カスタムボーナス[編集 | ソースを編集]

移動力+1。「衝撃波」の攻撃力+400、消費EN-20
30』で採用。EセーブEXを併せると、消費EN0で使えるようになる。

機体BGM[編集 | ソースを編集]

「HEART TO HEART」
オープニングテーマ。『30』で採用。DLC適用時は原曲となる。

パイロットステータス[編集 | ソースを編集]

精神コマンド[編集 | ソースを編集]

30
必中不屈気合鉄壁希望勇気
希望、勇気は敵対時には習得しないため、空欄になっている。

特殊スキル[編集 | ソースを編集]

30
敵対時
底力L7、闘争心L2、ガードL2、援護攻撃L2、気力+(ATK)サイズ差補正無視L2
味方時
底力L5、闘争心L2、ガードL2、援護攻撃L2

エースボーナス[編集 | ソースを編集]

気力130以上で、自軍フェイズの開始時、精神コマンド「必中」がかかる
30』で採用。

余談[編集 | ソースを編集]

  • 最終話で登場する新しいボディのデザインモチーフはエクスカイザーである。
    • これは当時、サンライズがバンダイ傘下のグループ企業になったことでスタッフの間に「勇者シリーズは終了する」という噂が広がり「これで最後なら、ラストは初代勇者へ回帰しよう」と考えられたため。