カラレス

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
カラレス
外国語表記 Karares
登場作品

コードギアスシリーズ

声優 幹本雄之
デザイン CLAMP(原案)
木村貴宏
初登場SRW 第2次スーパーロボット大戦Z再世篇
SRWでの分類 NPC
テンプレートを表示
プロフィール
種族 地球人(ブリタニア人)
性別
所属 神聖ブリタニア帝国
役職 エリア11総督
爵位 公爵
テンプレートを表示

カラレスは『コードギアス 反逆のルルーシュR2』の登場人物。

概要[編集]

ブラックリベリオンの後にエリア11の新総督になった男。

モミアゲが鼻の下で繋がった顔が印象的。イレヴンを弾圧・差別し、エリア11に圧政を敷き、人間狩りと称しての虐殺も平気で行うなど、冷酷非道な性格。

黒の騎士団によるバベルタワー襲撃事件では自ら鎮圧のため出撃するが、彼の性格を利用したゼロの策略によって倒壊したタワーの下敷きになり、死亡した。

皇族でもない彼が総督に就任した経緯は、ブリタニアでエリア11が「忌むべき土地」として嫌われていたことが原因の特例による。

小説版ではより残虐であるとされ、アーニャによれば彼は「10名のナンバーズをテロリストとして処刑したら、内8名は冤罪」というとんでもない統治を行っている。ただ、「矯正エリア」はナンバーズに恐怖を与える事で初期統制を図る意図もあるため、ブリタニア政府ではさほどおかしい統治という訳ではない模様。

双貌のオズにおいては、当初はイレヴンに対する融和政策を行っていたという、新たな事実が判明している。

登場作品と役柄[編集]

Zシリーズ[編集]

第2次スーパーロボット大戦Z再世篇
初登場作品。端役。

人間関係[編集]

ギルバート・G・P・ギルフォード
カラレスの客将。
黎星刻
彼と大宦官の高亥を出迎える。

名台詞[編集]

「これはイレヴンに対する差別ではない、区別だ!」
「イレヴンはゼロという詐欺師に踊らされ、日本人という名に戻ろうとした。好戦的で危険な人種である」
「故に我らブリタニアによって、管理・教育されねばならない」
『R2』第1話。イレヴンの捕虜を処刑しながら宣言する。
「いや、君はあくまで客将。預かり者だ。ここは総督である私が行くべきだろう」
ギルフォード「しかし…」
「中華料理のスパイスは口に合わん。それに良いものだろう?人間狩りは」
第2話。ギルフォードに対し自ら出撃すると告げるが…。
「テロリストめ、まさか自決を! 文化無き猿がッ!!」」
同話より。黒の騎士団によってバベルタワーが突如爆発したのを見て。ナンバーズに対する差別意識剥き出しのセリフであり、やはり典型的なブリタニア至上主義者である。
テロリストには公開処刑が相応しいと上部と下部から黒の騎士団を追い立てて、唯一の逃げ道の場所で殲滅すべく陣取っており、報道の手配もしていたため、自決という結末に苛立ったのだろう。しかし……。
「ば、馬鹿な…!」
ルルーシュ「脱出ルートを絞ったのが過ちだったな。君の居場所を教えているようなものじゃないか」
「へああぁぁ…!」
同話の上記の直後より。先ほどのバベルタワーでの爆発は自決ではなくルルーシュの「タワー上面を破壊し、逃走ルート上の敵を倒壊したタワー構造物で押し潰して排除する」という奇策であり、目前に迫ったタワー構造物を見て愕然としながらの台詞。搭乗したG-1ベースを潰され、最後は情けない悲鳴を上げながら圧死した。