マリーベル・メル・ブリタニア

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
マリーベル・メル・ブリタニア
外国語表記 Marrybell Mel Britannia
登場作品

コードギアスシリーズ

声優 内田真礼
デザイン 木村貴宏
初登場SRW スーパーロボット大戦X-Ω
SRWでの分類 パイロット
テンプレートを表示
プロフィール
愛称 マリー
異名 英雄皇女
種族 地球人
性別
年齢 17歳
所属 グリンダ騎士団
役職 騎士団長
称号 第88皇女
テンプレートを表示

マリーベル・メル・ブリタニアは『コードギアス 双貌のオズ』の登場人物。

概要[編集]

神聖ブリタニア帝国の第88皇女だが、皇位継承権は既に放棄しており、皇籍を持つだけの一皇族でしかない。対テロ対策機関「グリンダ騎士団」を率いる騎士団長を務める。普段の物腰こそ穏やかだが切れ者で、状況判断や戦略の立案に優れ、ルルーシュに勝るとも劣らない明晰な頭脳の持ち主。

過去に母と妹をテロによって失って以来テロ行為を憎んでおり、テロ対策に心血を注いでいる。その覚悟の強さは既に幼少の頃から発揮されており、軍学校に入って戦う術を徹底的に学んだ後は、皇帝に直接掛け合い、皇位継承権の放棄と引き換えにグリンダ騎士団の創設許可を貰っているほど。その行動と心情に興味を示したシュナイゼル・エル・ブリタニアに興味を持たれ、その支援も得ている。一方で、テロリストとの戦闘では確実な殲滅を優先する苛烈な指揮手法を以て臨むことが多く、時にそれが行き過ぎて、部下や無関係な一般人たちの命を省みないような無茶な指示を下してしまうこともある。

部下である騎士たちに対しては表面上穏やかに接しており、その能力の高さもあって概ね慕われているが、その実個人的にも親しい親友であるオルドリン・ジヴォン以外には余り心を開いていない。しかし、上述の苛烈な戦い振りが市民を巻き込むことを嫌うオルドリンらの考え方と合わず、徐々に齟齬と対立が深まっていくこととなる。

司令官でありながら自らグリンダ騎士団の母艦である浮遊艦「グランベリー」に乗り込み、前線で陣頭指揮を執ることも多い。また、滅多に乗り込むことはないがKMFパイロットとしても驚異的な操縦技量を備えている。劇中でもランスロット・トライアルを駆って一人で戦局を覆す活躍を見せ、「英雄皇女」と呼ばれる所以にもなった。

後に母と妹の死の真相を思い出し、それをきっかけとしてゼロレクイエムと併行したウィキッド・セレモニーを計画する。

登場作品と役柄[編集]

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦X-Ω
ランスロット・トライアルに搭乗している。グランベリーの艦長としても登場し、第14章クリアで入手できる。

パイロットステータス[編集]

精神コマンド[編集]

X-Ω
感応
パイロットパーツ装備時
直感信念正義

艦長スキル[編集]

英雄皇女の号令
SR。戦艦のHPが満タンのとき、味方全体の移動速度アップ。

サポートアビリティ[編集]

グリンダ騎士団団長
SSR。状態異常の敵に対してダメージ大アップ。

人間関係[編集]

オルドリン・ジヴォン
部下・親友。過去の経緯から、唯一心を開いている相手。しかし、思想が合わず対立を深めていき、最終的には離反されることとなる。
最後はルルーシュと同じく彼女に呪いをかける道を選ぶ事になる。もっとも、本人はそれは呪いではなく願いと解釈している。
レオンハルト・シュタイナーソキア・シェルバティンク・ロックハート
部下。騎士団のKMF部隊の中心戦力であるパイロットたち。オルドリン離反後も従っていたが、やはり同様の理由で対立を深め、彼らにも離反される。
オルフェウス・ジヴォン
敵。当初は憎むべきテロリストの一人であったが、エリア11で黒の騎士団の末端員に捕らえられて暴行を受けていたところを、彼に救われる。その際に、オルドリンと酷似した容姿の彼に興味を持つ。
O2では肉体関係を持つほどの仲になるが、男性として愛する一方でオルドリンの代わりとしての側面も求めていた。
シュナイゼル・エル・ブリタニア
マリーベルに興味を寄せている支援者。資金面・戦力面の双方で彼女をバックアップしており、彼の旗下の研究機関からも高性能の試作機が優先的に提供されている。
シャルル・ジ・ブリタニア
父親。母と妹を失った爆破事件で彼に二人の事を詰られ、その怒りで剣を向けた報いとして彼のギアスによって事件の詳細に関わる記憶を消される。
カリーヌ・ネ・ブリタニア
同じ皇族。本編ではナナリーに対して辛辣な態度を見せていたカリーヌだが、旧知であるマリーベルに対しては自らが所有するランスロット・トライアルを提供するなど、協力の姿勢を見せた。
V.V.
「絶対服従」のギアスを与えてくれた相手。しかし、後に自らが討つべき者の一人としてその行方を追い始める。
ルルーシュ・ヴィ・ブリタニア
皇帝即位時にはその場にいなかったために彼のギアスを免れており、同時に彼がギアス能力者であると気付いていた模様。即位後、スペインに戻ったエリア24諸共軍門に下ってKGFエルファバを受領し、互いの最終目的をそれとなく察して協力し合う。
幼少時はユーフェミアとナナリーを交えて一緒に遊んでおり、それなりに仲は良かった模様。
フローラ・メル・ブリタニア、ユーリア・メル・ブリタニア
母と妹。母フローラは貴賤の交わりを貴ぶ皇妃だったが、それを疎んじた者に暗殺され、妹も巻き添えで命を落とす。
実はオルドリンが離宮に招き入れたとされているのは彼女が着いた嘘で、実際は母が妹ばかりに構うのが面白くなかったマリーベルが突然の来客で少し困らせてやろうという幼い故の悪戯心で爆弾を持った少年を離宮に招いてしまったという真相がある。後に自分が母と妹を殺した真相を思い出し、同時に親友恋人を復讐の道具にした事実に絶望してしまった。

搭乗機体・関連機体[編集]

ランスロット・トライアル
グランベリー
エルファバ
『O2』終盤にて搭乗したナイトギガフォートレス。SRW未登場。