量産型ボン太くん

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
量産型ボン太くん
読み りょうさんがた ボンたくん
外国語表記 Bonta-kun Mass Product Model
登場作品

フルメタル・パニックシリーズ

声優 水田わさび
金田朋子(SRW代役
デザイン 四季童子
初登場SRW スーパーロボット大戦J
SRWでの分類 機体
パイロット
テンプレートを表示
スペック
分類 パワードスーツ
生産形態 量産機
全高 人間サイズ
装甲材質 超アラミド繊維
開発者 相良宗介
テンプレートを表示

量産型ボン太くんは『フルメタル・パニック?ふもっふ』の登場メカ

概要[編集]

ボン太くんのデザインとその性能が気に入った(重要性の比重はデザインの方が大きいと思われる)宗介が、知り合いの武器商人と協力して量産した着ぐるみ型強化服。が、性能はともかく戦闘用としては明らかに間違った外観をしていた為か殆ど売れず、宗介は大量の在庫を抱える羽目になった。

スパロボに出ているのは宗介が所持して美樹原組に貸与されたタイプで、体毛がオレンジからグレーに変わっている他には特に変更点はない。

在庫を抱えると上にあるが全く売れなかった訳ではなく、マイアミ市警とFBIが購入した。アニメでワンカットのみだがFBI(もしくはマイアミ市警)に配属されたらしい一体を見ることが出来る他、ショッピングモールでの麻薬密輸の現場を取り押さえることに成功したことがニュースで語られている。こちらは体毛がオリジナルと同色で、着ている物は米国風警官服。目の色がブルーと見るからに欧米色で、声が若干野太い。なお、原作では後日マイアミ市警から(恐らくボイスチェンジャー及びAIの不具合に関する)クレームが来た。

登場作品と操縦者[編集]

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦J
ボン太くんの攻撃演出のみで登場。
スーパーロボット大戦W
単独ユニットとしてスポット参戦。着ている人物は不明だが、シナリオによってはある程度推測可能な場合も。

Zシリーズ[編集]

第3次スーパーロボット大戦Z天獄篇
「ボン太くん一斉攻撃」の演出で登場。今回は「量産型ボン太くんシステム」により無人で稼働している。

VXT三部作[編集]

スーパーロボット大戦V
今作もボン太くんの攻撃演出のみで登場。初の声付きだが、水田ではなくオリジナルボン太くん役の金田の音声がそのまま使われている。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

格闘
マシンガン
P属性の実弾武器。
グレネードランチャー

特殊能力[編集]

銃装備
マシンガンによる撃ち落としを発動する。

移動タイプ[編集]

サイズ[編集]

SS

BGM[編集]

「特攻野郎?」
WにおけるデフォルトBGM

商品情報[編集]