量産型ヘルコプター

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
量産型ヘルコプター
別表記 ヘルコプー
登場作品 魔神英雄伝ワタル
デザイン 中沢数宣
SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
分類 魔神
所属 ドアクダー軍
パイロット メタルブリキントン
テンプレートを表示

量産型ヘルコプターは『魔神英雄伝ワタル』の登場メカ

概要[編集]

サンダーブルーの魔神・ヘルコプターの量産型創界山第五界層にてヒマワリ村の住人が工場で無理矢理働かされて、造らされていた。

ヘドローナの号令の元、龍神丸を欠いたワタル一行を3体で編隊を組んで襲撃するが、戦神丸と空神丸によって撃墜された。

登場作品と操縦者[編集]

VXT三部作[編集]

スーパーロボット大戦X
初登場作品。ドアクダー軍のザコとして第3話から登場。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

シュリケーン機関砲
機体下部に装備された機関砲。
ランス
専用の槍。劇中では持っていただけで使用していない。
X』では省略されている。
ノーズキャノン
ノーズ部分に隠された二門のキャノン砲。
『X』では未採用。

移動タイプ[編集]

サイズ[編集]

S

関連機体[編集]

ヘルコプター
原型機。