赤城龍之介

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
赤城龍之介
読み あかぎ りゅうのすけ
登場作品

フルメタル・パニックシリーズ

声優 稲田徹
デザイン 堀内修
初登場SRW スーパーロボット大戦W
SRWでの分類 パイロット
テンプレートを表示
プロフィール
種族 地球人日本人
性別
所属 日本国・陸上自衛隊練馬駐屯地
テンプレートを表示

赤城龍之介は『フルメタル・パニック!』の登場人物。

概要[編集]

陸上自衛隊練馬駐屯地のアーム・スレイブ搭乗員で、部下と共に「練馬レッドドラゴン」というチームを組んでいる。練馬レッドドラゴンの搭乗するアーム・スレイブは肩に赤い塗装がされており、赤城の乗り込む機体は塗装の範囲が広い。

習志野駐屯地で行われたイベントでは宗介練馬大根と一蹴され、彼の奮闘によって敗北してしまった。

アニメオリジナルキャラであり、原作小説には未登場。しかし言動が、明らかに某金字塔的超有名ロボットアニメ超有名キャラクターをモチーフにしているとしか思えないため、無駄にインパクトはある。

登場作品と役柄[編集]

Zシリーズ[編集]

第3次スーパーロボット大戦Z時獄篇
声が入った。第16話終了後の選択シナリオで「依頼を受けない」を選ぶと宗介や赤木と模擬戦で戦うこととなる他、第45話ではミケーネの神々になす術もなく撤退する場面がある(Wとは違い無事に撤退できている)。
案の定を彷彿とさせる台詞にはこのが反応した。今作では「月刊男の赤い彗星」なる雑誌が売られてるが、赤城もまた愛読者だったのだろう。
第3次スーパーロボット大戦Z天獄篇
今作ではNPC。第16話にてアマルガムの侵攻を抑えられずZ-BLUEに後を託している。
この時の赤木の台詞を見ると、今作では前作で「依頼を受けない」ルートを選んだのが正史のようである。

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦W
初登場作品で、基本的にやられ役。ゾンダーに果敢に向かっては名言を残していく。ルートによってはボン太くんにボコボコにされる事も。
2周目以降はM6 ブッシュネルに搭乗した彼と交戦する機会がある。

パイロットステータス設定の傾向[編集]

特殊技能(特殊スキル)[編集]

W
指揮L3
第3次Z時獄篇
指揮官L2、底力L6、ガード戦意高揚サイズ差補正無視L3

人間関係[編集]

相良宗介
千鳥かなめ
宗介とケンカして不機嫌だった彼女を誘って共にASに乗り込んだ。

他作品との人間関係[編集]

アムロ・レイカミーユ・ビダン
第3次Zで習志野に来る前に別のそっくりさん(当時は正体不明)を撃退したことがあるので、同じく誰かの名台詞を多用する赤城の演説に警戒していたが…
リディ・マーセナスエマ・シーン
時獄篇では彼の演説に微妙な反応を示していた。
赤木駿介
苗字の呼び方は同じ、第3次Zでは兄弟弟子の間柄(兄弟子は赤木の方)。習志野の模擬戦で彼と宗介と対決、特殊台詞も用意されている。
飯塚
第3次Zではかつて彼にロボット操縦を学んでいた。彼のことは「飯塚教官」と呼んでおり、慕っている模様。

名台詞[編集]

「よかったら、僕といっしょにASしないかい?」
かなめをナンパした時の台詞。AS乗りのナンパの仕方らしい。

スパロボシリーズの名台詞[編集]

「戦いとは常に二手三手先を考えて行うものです。そして、機体の性能の違いが戦力の決定的差ではないのです。無謀にも我等に戦いを挑んできた者が自らの敗因を尋ねてきた時、私はこう答えるつもりです。坊やだからさ、と!」
第3次Z時獄篇』依頼を受けないルート第17話「後の祭りのフェスティバル」にて、ダイ・ガードとの模擬戦前のスピーチ。エマが指摘している通り(ならびにを知るプレイヤーならわかる通り)「無理に台詞を繋げて強引に文章にしている」ものであり、これを聞いた一部面子は苦い顔をしていた。
「見たか、アカテン君!これが必殺のレッドストリームアタックだよ!」
同話にて、プレイヤーエリアに到達した際の勝利宣言。原作と違い陸上移動だけなのでどんな技かさっぱりわからない。