相原義一

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
相原義一
読み あいはら よしかず
外国語表記 Yoshikazu Aihara
登場作品 宇宙戦艦ヤマト2199
声優 國分和人
デザイン 結城信輝
初登場SRW スーパーロボット大戦V
SRWでの分類 NPC
テンプレートを表示
プロフィール
種族 地球人
性別
年齢 22歳
出身 日本・岩手県
所属 地球連邦
役職 宇宙戦艦ヤマト船務科士官
通信長
軍階級 三等宙尉
テンプレートを表示

相原義一は『宇宙戦艦ヤマト2199』の登場人物。

概要[編集]

ヤマトの船務科士官・無線、有線の電気通信や伝令などによる伝送路の構成・保守、敵通信の傍受、欺瞞及び暗号作成・運用を行う通信長。階級は三等宙尉。

通信管制を担っている青年で、部下の面倒見が良く、優しい性格の人物。

同じ船務科の岬百合亜に好意を寄せている。

地球への帰路で通信可能圏内に入った際に家族と交信し、航海の間に父親が亡くなった事を知って落ち込むが、が危篤状態で辛いはずの古代に慰められていた。

登場作品と役柄[編集]

VXT三部作[編集]

スーパーロボット大戦V
初登場作品。NPC

人間関係[編集]

森雪
彼女と同じ船務科の所属。
岬百合亜
好意を寄せている相手だが、本編15話で彼女が星名透と手をつないでその場から立ち去った時には落胆していた。
星名透
相原と同じく、百合亜に好意を寄せている。

搭乗機体[編集]

ヤマト
ヤマトの通信管制を担当。