ブンドル艦

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ブンドル艦
外国語表記 Bundle's Flagship
登場作品 戦国魔神ゴーショーグン
初登場SRW スーパーロボット大戦EX
SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
正式名称 スピリット・オブ・メディチ
分類 戦艦
所属 ドクーガ
主な搭乗員 レオナルド・メディチ・ブンドル
テンプレートを表示

ブンドル艦は『戦国魔神ゴーショーグン』の登場メカ

概要[編集]

レオナルド・メディチ・ブンドルの使用する戦艦。正式名は「スピリット・オブ・メディチ」という。

戦闘用の艦艇ではあるのだが、持ち主の趣向や美学に合わせたために、およそ敵方の艦らしからぬ優美な姿をしている。原作においてもSRW本編においても、戦闘時にはクラシック音楽BGMとして用いていたため、三将軍の乗艦の中でも一際印象深い。

最終決戦でゴーフラッシャーを受けて自我に目覚めて戦闘を放棄し、ブンドルの「メカはメカらしく」という美学に反する存在となってしまったため、後日談の小説作品『その後の戦国魔神ゴーショーグン』では、後継艦の「スピリット・オブ・メディチII世」が登場している。

登場作品と操縦者[編集]

旧シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦EX
初参戦作品。他の二人がオリジナル機体に乗らざる得ない中、ブンドルのみ平然とブンドル艦で登場している。性能は高く長射程、火力もかなり高いので要注意。SFC版ではビーム兵器主体のためオーラバトラーが有利に戦えたが、PS版ではオーラバリアが貫通可能になったため更に危険なユニットとなった。
第4次スーパーロボット大戦S
戦う機会は3度あるが、その内2回は条件次第で撤退する。
スーパーロボット大戦F
ブンドル・ブンドル艦双方の能力が高いので毎回自軍を苦しませてくれる。Fシリーズのみ「ワルキューレの騎行」と共に現れるが、これは本来ブンドルの嫌いな曲であり間違い。
スーパーロボット大戦F完結編
『F』よりパワーアップして登場。ただ自軍もかなりパワーアップしているので、まず苦戦はしないだろう。

αシリーズ[編集]

第2次スーパーロボット大戦α
戦闘BGMが「美しき青きドナウ」となり、レーツェルの「Trombe!」に優先するという芸当をやってのけた。
フラッシャービームが強烈だが、三幹部の中では一番戦い易いか。
隠し要素で最終話でスポット参戦。
第3次スーパーロボット大戦α
何度かスポット参戦する機会がある。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

60mm機銃
各部から全方向に発射する対空機銃。
ホーミングミサイル
艦胴体部から発射するミサイル。
ビームキャノン
フラッシャービーム
艦胴体部先端から発射するビーム。『第3次α』では命中低下の特殊効果を持つ全体攻撃

移動タイプ[編集]

飛行可能。

サイズ[編集]

2L(LL)