ブルーティッシュドッグ

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ブルーティッシュドッグ
外国語表記 Brutish Dog
登場作品

ボトムズシリーズ

デザイン 大河原邦男
初登場SRW 第2次スーパーロボット大戦Z破界篇
SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
分類 ミッド級アーマード・トルーパー
機種 スコープドッグ
生産形態 ワンオフ機
型式番号 ATM-09-GC
全高

3.804 m

降着形態時
2.208 m
乾燥重量 6.729 t
基本待機重量 6.983 t
最大出力 260 Hp
最大トルク 72 kg/m
マッスルシリンダー 2P-MJ-S4
ポリマーリンゲル液 DT-MS
巡航速度 52.0 km/h
最高走行速度 85.2 km/h
装甲厚 6 - 14 mm
PR液総量

169リットル

予備
20リットル
開発 秘密結社
所属 秘密結社
乗員人数 1名
パイロット フィアナ
テンプレートを表示

ブルーティッシュドッグは『装甲騎兵ボトムズ』の登場メカ

概要[編集]

パーフェクトソルジャー1号であるプロト・ワン専用機として特別にチューンナップされたスコープドッグ。「ブルーティッシュ」とは、英語で「凶暴」「残忍」という意味。

通常機との外見の差異として派手なピンクの塗装と右腕の固定武装「ガトリングクロー」が挙げられるが、制御・駆動系がパーフェクトソルジャーの能力に合わせた特注品で構成されている他、ミッションパックとしてポリマーリンゲル液浄化装置(PRSPパック)を装備しており、別次元の追従性・運動性を発揮する。また、安定性を維持するために踵部にはグライディングホイールが新たに追加されている。

キリコ・キュービィー捕獲のためにプロト・ワン共々実戦投入され、いとも簡単にキリコのスコープドッグを一蹴し、その力を見せつけた。しかし、閉所戦闘ではパワーと装甲に勝るストロングバックスに苦戦を強いられる場面もみられた。ウドの街からの脱出戦闘ではキリコと共に多数のATを撃破したが、生身の治安警察兵からバズーカの集中砲火を浴びて破壊された。

PS用新型ATのテストベッドとして複数の機体が製造されており、ウドの街に送られバトリングを利用した実戦データの収集行っていた機体の他に、クメンでも複数の機体が配備されていたことが確認されている。

登場作品と操縦者[編集]

Zシリーズ[編集]

第2次スーパーロボット大戦Z破界篇
初登場作品。敵と味方としてのスポット参戦のみ。
第2次スーパーロボット大戦Z再世篇
中盤にフィアナの乗機として自軍に参入。
だが、同時期には条件を満たすことで、より強力なショルダーミサイルポッド装着型スコープドッグも手に入る上にフィアナの運用方法とブルーティッシュがかみ合っていないため、使われないことも。

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦X-Ω
2019年6月のイベント「世界を越える情熱」にて実装。大器型SSRシューター。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

武装[編集]

アームパンチ
右腕にガトリングクローが装備されているため、本機体では左腕のみ装備。
第2次Z』では、「アサルト・コンバット」で使用。
ガトリングアーム
本機体の目玉と言える武装で、ガトリングガンとアイアンクローを組み合わせた奇想兵器。収納状態のクローは遠目では存在の判別が困難で、接近戦で敵の意表を突く隠し武装としても機能する。
『第2次Z』では、射撃用のガトリングガンと格闘用のクローで分けられている。

必殺技[編集]

アサルト・コンバット
ガトリングアームを撃ちながら目標に接近し、クローで打ち付け、さらにアームパンチをを浴びさせたあと、ガトリングアームで蜂の巣にする。

移動タイプ[編集]

サイズ[編集]

S

カスタムボーナス[編集]

移動力+1
第2次Z破界篇。フィアナ機がスポット参戦する際、キリコのATの改造段階を共有するため、前もってキリコのATをフル改造することにより、このボーナスがお目にかかる。
移動力+2
第2次Z再世篇

関連機体[編集]

ストライクドッグ
PSが操縦することを前提に設計・開発された最初の機体。ブルーティッシュドッグの運用データがフィードバックされている。

余談[編集]

  • コミカライズ版ではフィアナ専用機とされているのか1機のみ登場しており、出番が多くなってクメン編やクエント編でも搭乗している(そのためか、ベルゼルガDTが登場しない)。

商品情報[編集]