ピア・デケム・ピーク

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ピア・デケム・ピーク
外国語表記 Pia-Decem-Peak
登場作品 勇者王ガオガイガーFINAL
デザイン やまだたかひろ
初登場SRW 第3次スーパーロボット大戦α
SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
分類 ジャイアントメカノイド
全高 130 m
動力 ラウドGストーン
推進機関 インパルスドライブ
別形態 ピア・デケム・ピット
開発者 アベル
開発 赤の星
所属 ソール11遊星主
パイロット ピア・デケム
テンプレートを表示

ピア・デケム・ピークは『勇者王ガオガイガーFINAL』の登場メカ

概要[編集 | ソースを編集]

ピア・デケム・ピットがギガフュージョンすることで巨大ロボットに変形した戦闘形態。

ギガフュージョンの宣言および、変形完了時の名乗りはパルス・アベルが行う。

ジェイクォースのような絶対的な攻撃手段は持たないものの、鈍重な見た目に似合わぬ高い運動性と圧倒的なパワー、そして無限に創生する機雷艦載機によってキングジェイダーを圧倒する。

キングジェイダー最後の切札であるジェイフェニックスをES艦載機を利用して回避し、勝利は目前かと思われたが、ES爆雷を使った同じ手段で反中間子艦載機の一斉起爆を回避され、Gストーンの共振によってラウドGストーンの位置を暴かれ、十連メーザー砲の零距離斉射を内部に直接放たれ破壊された。この時同時に戒道幾巳も奪還された。

登場作品と操縦者[編集 | ソースを編集]

αシリーズ[編集 | ソースを編集]

第3次スーパーロボット大戦α
「超勇者黙示録」で登場。射程の長い艦載機攻撃が鬱陶しいが、防御能力を持っていない上に運動性が低いため、集中攻撃をかければ意外とあっさり対応出来る。トドメはぜひともジェイアークで。なお、ルネは「近づけば馬鹿力、離れれば艦載機」と言っているが、その馬鹿力を発揮する近接攻撃はない。

携帯機シリーズ[編集 | ソースを編集]

スーパーロボット大戦W
「歪んだ太陽」で登場。ピットから変形はせず、最初からピークで登場。「格闘」が追加されて接近戦にも強くなった。ジェイアーク同様ジェネレイティングアーマーと分身系統のES爆雷を装備しているため、『第3次α』と同じ感覚で戦うと思わぬ苦戦を強いられる。「直撃」で確実にダメージを通すべし。

装備・機能[編集 | ソースを編集]

武装・必殺武器[編集 | ソースを編集]

機雷艦載機
第3次α』では武装以外にも個別のユニットとして登場する。攻撃力低下の特殊効果を持つ。
反中間子艦載機
キングジェイダーに止めを刺す為に放った艦載機。射出するのはほんの数機だけだが、キングジェイダーを粉砕するのに十分な威力を持つ。
SRWでは装甲低下の特殊効果を持つ。
格闘
W』で追加。両腕で殴った後蹴り飛ばす。

特殊能力[編集 | ソースを編集]

ジェネレイティングアーマー
W』のみ実装。全属性ダメージを2000軽減する。
ES爆雷
『W』のみ実装。ES爆雷を投下して空間に逃げ込み、技量差によって攻撃を回避する。

移動タイプ[編集 | ソースを編集]

飛行可能。

サイズ[編集 | ソースを編集]

2L(LL)

主な艦載機[編集 | ソースを編集]

機雷艦載機