ギュンター・プロイツェン

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
ギュンター・プロイツェン
登場作品

ゾイドシリーズ

声優 大塚芳忠
デザイン 上山道郎(原案)
坂崎忠
初登場SRW スーパーロボット大戦Operation Extend
SRWでの分類 パイロット
テンプレートを表示
プロフィール
種族 惑星Zi
性別
所属 ガイロス帝国
役職 摂政
軍階級 元帥
テンプレートを表示

ギュンター・プロイツェンは『ゾイド -ZOIDS-』の登場人物。

概要[編集]

ガイロス帝国の摂政であり、死の淵にある皇帝・ツェッペリンII世に代わって政治を取り仕切る。また、帝国軍の元帥を兼任しており、軍政両面で実質的な帝国のトップにある。

ツェッペリンII世の命に従いヘリック共和国との戦争を行っているが、「この星に国は二つも必要ない」を信条とし、ヘリック共和国軍を「反乱軍」と呼んでいる。

一気に大規模な攻勢をかけて共和国首都ニューヘリックシティを陥落させようとし、ルイーズ・テレサ・キャムフォード共和国大統領に無条件降伏を迫る。しかし重要拠点であるマウントオッサで大量の兵を失い、さらにツェッペリンII世の崩御に伴い帝国のトップとなったルドルフ・ゲアハルト・ツェッペリンIII世がルイーズ大統領の停戦勧告を受け入れたことで撤退を余儀なくされる。

ツェッペリンII世が「ルドルフに万一のことあればプロイツェンを皇帝に」との遺言を残していたことで、ルドルフ暗殺を画策し帝国の実権を握ろうとする。さらには古代ゾイド人の研究によってデスザウラーを発見しており、その力でいずれは惑星Zi全土を支配しようとしていた。

ルドルフ暗殺には失敗したものの、皇位継承の証である指輪を手に入れ、「ルドルフ死亡」の偽情報を流し皇帝の座に就こうとする。しかしルドルフを連れて現れたバン達により計画は失敗。デスザウラーとともにその野望も潰えたかと思われた。

第2部・ガーディアンフォース編にてデスザウラーのゾイドコアと融合して生き延びていたことが発覚。「ダークカイザー」と自称し、真のデスザウラーを復活させて自身が一体化し、デスザウラーそのものとなろうとしていた。しかし彼が融合していたのはコアを守るための「殻」に過ぎず、真のデスザウラー復活に伴いコアに取り込まれ消滅する。

バトルストーリー版[編集]

アニメでは単なる悪役だったが、「バトルストーリー」では滅亡したゼネバス帝国皇帝ゼネバス・ムーロアの実子であり、ガイロス帝国の摂政(母親がガイロス帝国摂政家の生まれ。グランドカタストロフと呼ばれる大災害の所為で他に跡取りが居なかった)でありながらゼネバス帝国の復活を密かに画策していた。亡き父ゼネバスの無念を想い続け、生涯を母国再興に捧げた姿はファンから「漢」と呼ばれる程の高い人気を誇り、ルドルフですらその信念を認めた。

へリック共和国に敗れたゼネバス帝国がガイロス帝国に救援を求めたらそのまま乗っ取られた事でゼネバス帝国が滅亡したので、ギュンターにとってはガイロスも共和国も等しく敵である。なおゼネバス皇帝自身はゼネバス軍人をガイロス軍に帰順させるための体の良い人質として生かされていた(グランドカタストロフと同時期に死去)。

共和国とガイロスが共倒れする様に暗躍した結果、共和国軍がガイロス帝国首都に迫ってきた事で機が熟したとして元ゼネバス兵と共にガイロス帝国に反旗を翻しネオ・ゼネバス帝国の建国を宣言する。最後は息子のヴォルフ(と元ゼネバス兵の子等)に後事を託して、元ゼネバス兵(老兵)と共にへリック・ガイロス連合軍を道連れにガイロス帝国首都で自爆、波乱の生涯の幕を閉じた。以降「ガイロス帝国対共和国」だった戦争は「ネオゼネバス帝国対共和国(ガイロス帝国は共和国を支援)」へと変化する。

惜しむらくは当時のへリック共和国大統領が異母姉のエレナであった事に最後まで気づかなかった事で、これを知っていたら姉とルドルフと手を取り合って戦乱の時代を終わらせたのでは?と言われている。とは言えあくまでも「開戦前なら」の話に過ぎないが。ネオゼネバス帝国建国宣言でギュンターが弟であることを知ったエレナ大統領は一瞬その事を考えたが、すぐさま「今更国民が納得しない」と否定している。

登場作品と役柄[編集]

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦Operation Extend
初参戦作品。第2章のメイン7話-3「首都攻防」ではホエールキングに搭乗してニューヘリックシティを攻撃しようとする。第3章のメイン13話-2「帝都炎上」でデスザウラーに乗って現れる。以後は原作アニメ同様に、生き延びてダークカイザーとして再起を図るもオリジナルデスザウラーのコアに取り込まれ消滅する。

パイロットステータス[編集]

特殊スキル[編集]

OE
底力指揮:攻撃防御

人間関係[編集]

バン・フライハイト
自分の計画を邪魔した相手。そして、彼の父ダン・フライハイトを死に追いやったという因縁がある。
フィーネ・エレシーヌ・リネジーク
ガーディアンフォース編では、古代ゾイド人とそのパートナーオーガノイドである彼女らを狙う。
ルドルフ・ゲアハルト・ツェッペリンIII世
表向きは忠臣を装うが、裏では彼の暗殺を狙う。ルドルフは祖父とは違い、彼に疑念を抱いていた。
カール・リヒテン・シュバルツ
ルドルフに忠誠を誓い、自身を警戒する彼のことを疎んでいる。
ロッソヴィオーラ
彼らにルドルフを誘拐され、暗殺計画に狂いが生じる。
レイヴン
配下だがレイヴンは気を許しておらず、最終的に敵対する。
ルイーズ・テレサ・キャムフォード
ニューヘリックシティ攻撃を執り行い、大統領である彼女に無条件降伏を迫る。
前述のバトルストーリー版は「ルイーズ・エレナ・キャムフォード」であり、テレサとギュンターの血縁は無いと思われる。
ツェッペリンII世
主君。忠臣を装って彼を欺き、遺言を利用して帝国の実権を握ろうとする。
ヒルツ
ガーディアンフォース編での配下。
リーゼ
同じくガーディアンフォース編での配下。
ハンナ・ハンナ
原作漫画版に登場する部下。

他作品との人間関係[編集]

ゼロルルーシュ・ランペルージ
OE』では、ヘリック共和国のブレーンとなった彼と水面下で知略戦を繰り広げていた。
ケロロ軍曹
OE』にて、彼から「星を破壊しての支配などお笑い」「無傷で侵略も出来ないのに宇宙の支配者など誇大妄想」と馬鹿にされた。

名(迷)台詞[編集]

「バン君、人間が生きてゆくうえでは必ず誰かしらに迷惑をかけているものだ」
「君のために苦しんでいる人間もどこかにいるはずだ。ましてや、戦場に身をおくゾイド乗りなら尚更だろう」
「君の父上も戦場で多くの敵を倒した。君の父上が戦うことも、君が戦うことも、レイヴンが戦うことも、そしてこの私が戦うことも皆同じことではないか?」
「みんな自分が生きるために他人を犠牲にしているのだ」
アニメ版の第32話より。
「なぜだ…何故この私がこんな虫ケラごときに破られねばならんのだ…?」
「ぬぁぜだああああああああああああああああ!!!」
アニメ版の第34話にて、バンに敗れた時の台詞。デスザウラーと共に爆炎の中で消えたと思われたが…?
「レイヴン…お前ごときに私が手を下すまでもない…」
「フフフ…フハハハハハハハハ!!」
アニメ版の第66話にて、3体のジェノザウラーでジェノブレイカーを圧倒した光景を見て彼はレイヴンを嘲笑って去った。
「ヒ、ヒルツゥ…! な、何故この私が…ぬぁぜだああああああああああああああああ!!?」
断末魔。デスザウラーのコアと一体化したと思ったが、結局はそれを守るための卵の殻だった上に、部下のヒルツに利用されて、『用済み』という形で消滅してしまった。
こちらはダークカイザーとなった時の凋落ぶりが非常に有名な為、ファンの間でネタにされている。

搭乗機体[編集]

デスザウラー
コックピットをつけていなかったのか、生身で本機の肩に乗っていた