霊子戦闘機

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

霊子戦闘機(りょうしせんとうき)とは、『新サクラ大戦』に登場する人型機動兵器群の総称。

概要[編集]

都市を襲う魔に対抗する為に、帝国華撃団に代表される各国の華撃団で運用されている決戦兵器。『サクラ大戦』時代に運用されていた「霊子甲冑」を技術的にさらに発展させたものである。

動力は霊子甲冑同様、霊力を霊子水晶で物理エネルギーへ変換する霊子機関を主とし、その補助をこなす蒸気機関を併用する蒸気併用霊子機関を採用しており、操縦系統にも大きな変更点はない。

しかし、『サクラ大戦』から『新サクラ大戦』までの10年強の時間の中で、技術が大きく発展。霊子甲冑よりも小型化・高出力化に成功したほか、霊力変換効率が大幅に上昇し、戦闘服と機体の有線接続も不要になった。更に変換効率の上昇により、起動・操縦に必要な霊力量が軽減され、霊子甲冑時代よりも多くの人間が搭乗者になれるようになり[1]、世界各国での華撃団結成の大きな後押しとなった。

太正十九(西暦1930)年に勃発した降魔大戦終戦後に発足した、世界各国の華撃団を運営する国際機関「世界華撃団連盟(WLOF)」が 基本フレームワークを設計し、それを標準フォーマットとして各国が機体を開発するという形式を取っている。その為、アイゼンクライトの系譜を継承した伯林華撃団のアイゼンイェーガーを除き、1つのモノアイカメラとそれを覆うように配置された装甲、機体後部の4本のマフラーに円形の蒸気併用霊子機関といった基本的な機体構造は各国で共通している。

なお、霊子戦闘機の研究開発自体はWLOFが結成される以前から行われていた。

SRWに登場した機体 [編集]

帝国華撃団[編集]

無限
霊子甲冑・三式光武の経験を踏まえ、神崎重工が初めて開発した正式な量産型霊子戦闘機。霊力を供給する霊子過給機を搭載し、性能的には癖が少なく扱いやすい。

脚注[編集]

  1. 男性搭乗者は『1』から『V』までの間に大神一郎とその親族である大河新次郎の2名しか現れなかったが、『新』では世界各国に存在している。