バラゴーン

提供: スーパーロボット大戦Wiki
移動先: 案内検索
バラゴーン
外国語表記 Baragoan
登場作品 勇者ライディーン
声優 加藤精三
飯塚昭三
分類 妖魔巨烈獣
開発者 バラオ
所属 妖魔帝国
テンプレートを表示

概要[編集]

第49話「バラオ最後の賭け」に登場した妖魔帝国の守り竜。甲冑の騎士のような上半身と竜の下半身で構成されており、その能力は百体分の巨烈獣を上回る。

かつてバラオと共にムー帝国を襲撃し、滅びを招いた元凶でもある。巨烈兄弟の死に激昂したバラオが自身の髪と爪を用いて、妖魔族1万2千年の呪いを込め溶岩の中から復活させた。更なる力添えとして怨念が込められた巨烈兄弟の首が与えられ、ライディーン抹殺の切り札として送り込まれた。全身の至る所に多彩な武装を備えており、上半身の腕に掲げられた巨烈兄弟の首は不気味な呻き声を発する。

圧倒的な力でムトロポリスの最終手段とも言うべきミサイル防壁を容易く突破。迎撃に出たライディーンをも翻弄し竜の口から放つ火炎で大ダメージを与えるが、自身も口の中にエネルギーカッターを叩き込まれた事で負傷し撤退、第1ラウンドは相討ちに終わる。

その後、バラオの魔力によって回復したバラゴーンは再度ムトロポリスを襲撃。再起動したものの完全回復には至らず、ゴッドボイスが使えない状態のライディーンを一方的に攻め立てるが、無数のマグナムミサイルを搭載したブルーガー特攻によって胴体後部を吹き飛ばされた事で状況は一変、神宮寺の死に激怒したの逆襲の前に巨烈兄弟の首や上半身を斬り落とされた後、残った竜の胴体もゴッドバードで撃破された。

登場作品と操縦者[編集]

COMPACTシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦COMPACT2第3部
スーパーロボット大戦IMPACT
実はゲームデータ的に専用の人工知能が搭載されており、中々の強さを誇る(経験値は多くは無い)。後に通常ルート最終ステージで復活する強敵軍団の1体として再登場するが、最もHPが多く設定されており再生体とは言え侮れない。

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦Card Chronicle
イベント「カイルスの青い夏」にてベロスタンの手により復活、前とは段違いの強さでカイルスを苦しめるが、剣児の必死の行動[1]により撃破される。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

噛みつき
下半身の竜が噛みつき、手にした槍で追撃。なお、もう片方の手には剣を携えているが武装としては未採用。
火炎
口から吐く火炎放射。
妖魔光線
竜の両目から発射する破壊光線。

移動タイプ[編集]

飛行可能。

サイズ[編集]

LL

脚注[編集]

  1. ジーグがバラゴーンの口をこじ開け、その隙に体内に集中砲火を浴びせる。