マンソン

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
マンソン
外国語表記 Manson
登場作品 ガン×ソード
声優 関智一
初登場SRW スーパーロボット大戦K
SRWでの分類 NPC
テンプレートを表示
プロフィール
種族 人間(惑星EI
性別
所属 ミズーギィの町・青年団
役職 団長
テンプレートを表示

マンソンは『ガン×ソード』の登場人物。

概要[編集]

第17話にて初登場したミズーギィの町の青年団団長。水着王国女王キャサリン・ナカタの夫でもある。

元来は彼女と共に金属繊維の研究をしていたが、その中で開発された男性用下着のセンスの無さが原因でキャサリンは暴走、工場と港を占拠して男子禁制の水着王国を築くという事態になり、ミズーギィの解放をヴァン達に依頼する事になる。

その後、ヴァンに後押しされた事もあり、キャサリンが開発した男性用下着(どうあがいても自主規制が入る代物[1])を着込んで関係を修復させた。

登場作品と役柄[編集]

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦K
初登場作品。第22話にて、何の脈絡もなく突如登場(しかも妙に馴染んでいた)。

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦T
ボーナスシナリオ『ここはこの世のパラダイス』でのみ登場。キャラクター事典には登録されない。

人間関係[編集]

キャサリン・ナカタ
妻。
ヴァン
キャサリンとマンソンの事情を知った際にキャサリンを最終的に説得するのは夫であるマンソン自身のみであると諭す。ヴァンとしては妻がいるだけ自分より幸せだと思っていた。

名台詞[編集]

「おいおい、そんな下着は地獄のディナーショーでも履けないよ?」
かつてあまりにも悪趣味な男性用下着を開発したキャサリンへ言った言葉。しかしこの一言で彼女は激怒してしまい、水着王国を作ることになってしまう。
「これでもかァ!」
「そうさ、キャサリン! 戻って来い! このブーメランのように!!」
第17話ラストにおいて、突如ズボンを脱ぎ例の下着をキャサリンへ見せる。そのデザインは女子陣とジョシュアがドン引きする程の悪趣味なものだった…。

スパロボシリーズの名台詞[編集]

「いや、それよりも君自身がアイドルとして参加すべきだ! キャサリン!」
『K』第22話にて、突如開催されるアイドルコンテストにおいてキャサリンに参加を勧める。ピンクカバの影響もあるとはいえ、夫婦喧嘩はどうした。

脚注[編集]

  1. 規制版では女性陣がバリカールによる規制の中、この下着だけ黒丸で規制されている。解除版ではその凄まじいデザインがモザイク越しで描かれている。