ママドゥ・アザフ

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
ママドゥ・アザフ
外国語表記 Mamado Azaf
登場作品 オーバーマン キングゲイナー
声優 西凛太朗(現・西凜太朗)[1]
初登場SRW スーパーロボット大戦Z
SRWでの分類 NPC
テンプレートを表示
プロフィール
種族 地球人
性別
年齢 不明(リュボフとは『親子ほどの』歳の差がある)
所属 ヤーパンの天井
テンプレートを表示

ママドゥ・アザフは『オーバーマン キングゲイナー』の登場人物。

概要[編集]

ヤーパンの天井エクソダス請負人ゲイン・ビジョウの仲間で、ガウリ隊のメカニック・武器開発担当。

ドレッドヘアーに髭面の大男で、エクソダス開始前はゲイナーサラが通う高校の歴史教師をしていた。

生真面目な激情家で、元々はゲインの故郷ドームポリス・ウッブスでフェリーベ公爵家お抱えの教育係としてゲインを教育していた。そのため請負人として度々無茶をするゲインを誰よりも心配し、時に叱咤する。

メカニック及び武器開発担当としての腕は確かで、特に武器開発の分野ではオーバーマンのマッスルエンジンを痺れさせる特殊兵器『BB』を開発するなど活躍している。時には非武装のシルエットエンジンを駆ることも。

登場作品と役柄[編集]

Zシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦Z
出番はあまりなく、『ウソのない世界』のイベントでもリュボフとのイチャイチャはカット。リュボフとの関係は『気がついたらくっついてた』程度で流されている。

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦K
リュボフとの仲には一切触れられない等、『Z』よりひどい扱い。

人間関係[編集]

リュボフ・スメッタナ
同じやんごとなきお方の教育係という職業からか度々交流があり、第14話『変化!ドミネーター』で生死を共にしたことから急接近、第17話『ウソのない世界』では目と目が合っただけでお互いのおアツい本音が駄々漏れになってしまうほどお互い思いあう関係になっていた。
終盤ママドゥが危機に陥ったときにはリュボフは彼を『あなた』と呼び、最早『親子ほど離れた』歳の差などまるで気にしないラブラブっぷりを披露していた。
ゲイン・ビジョウ
かつての主。フェリーベ公爵家が取り潰しになった今でも今でも時折彼を本名で呼び、叱咤する。
ゲイナー・サンガ
生徒の一人。彼はママドゥの授業中に連行されてしまった。
サラ・コダマ
生徒の一人。
ベロー・コリッシュ
生徒の一人。彼らはエクソダス中もママドゥを『先生』と呼ぶ。

名台詞[編集]

「ゲインの両親が町に殺された、いやエクソダスというシステムに殺された」
ゲイナー「システムが人を殺すなんて…」
「殺すんだよ」
第5話でキングゲイナーに搭乗した際の会話。ゲイナーはアナ姫の勘違いからママドゥがゲインの父親だと思っていたが、ママドゥからゲインの両親の凄惨な最期を知ることとなった。

脚注[編集]

  1. TVアニメ当時と現在では芸名の「凜」の字が変わっている。旧芸名は「凛」、現芸名は「凜」。