アプソン

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
アプソン
外国語表記 Upson
登場作品

コードギアスシリーズ

声優 五王四郎
デザイン CLAMP(原案)
木村貴宏
初登場SRW 第2次スーパーロボット大戦Z再世篇
SRWでの分類 NPC
テンプレートを表示
プロフィール
種族 地球人(ブリタニア人)
性別
所属 神聖ブリタニア帝国
役職 将軍
テンプレートを表示

アプソンは『コードギアス 反逆のルルーシュR2』の登場人物。

概要[編集]

神聖ブリタニア帝国の将軍。

新総督となったナナリー・ランペルージの護送空中艦隊の指揮官だが、有能とはいえない。黒の騎士団の襲撃を受けた際、銃座で藤堂鏡志朗月下を攻撃するものの、自分の艦のエンジンを傷つけただけに終わり、反撃の銃撃で死亡した。

登場作品と役柄[編集]

Zシリーズ[編集]

第2次スーパーロボット大戦Z再世篇
初登場作品。端役。

人間関係[編集]

ナナリー・ランペルージ
彼女を護衛輸送する。
ギルバート・G・P・ギルフォードナイトオブラウンズ
味方の援軍として参戦。

名台詞[編集]

「ギルフォードめ、勝手なことを…!」
副官「しかし、助かりました」
「それは奴の手柄ということだ!」
『R2』第6話。ギルフォードの参戦で、副官が安堵した際に。戦局の好転を喜ぶより、自身の手柄を奪われると焦る辺り、彼の護衛任務には不適格な本性を現している。
「ナイトオブラウンズまで…これでは私の評価が…」
同話より。自分自身の地位に固執し、周囲が見えていない。
「このままでは降格となる…!私自らの手で功績を!黒の騎士団を!」
同話より。降格を恐れるあまりに自ら乗艦の砲塔を操作しようとした際の台詞。視界に入った藤堂の月下を奇声を上げながら砲撃した結果、乗艦のフロートユニットを撃ち抜いてしまい、墜落が決定的になる[1]。直後に藤堂にその行為を蔑まれながら反撃され、砲塔を潰されて戦死する。独断行動した末の結末の代償は自分の命だった。

脚注[編集]

  1. 小説版では藤堂が敢えて姿を晒したのは後方のエンジンを盾にすることで相手の砲撃を無力化しつつ反撃するつもりだったため、だが、アプソンの常識外れの行動で黒の騎士団としても裏目に出てしまった。そもそもエンジンを自艦の砲塔から狙い撃てる時点でログレス級自体の設計ミスによる欠陥と言わざるを得ない。