VC-10

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
VC-10
外国語表記 Monsuno type VC10
デザイン 河森正治
初登場SRW スーパーロボット大戦Z
SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
分類 KLF
動力 コンパク・ドライヴ
エンジン 水素エンジン
MMI コンパク・フィードバック・システム
所属 塔州連邦軍
主なパイロット アゲハ隊
テンプレートを表示

VC-10は『交響詩篇エウレカセブン』の登場メカ

概要[編集]

塔州連邦軍が開発したKLFモンスーノタイプの最新型で白を基調に水色が配されている。大型化しリフボードの役割を果たせる脚部、肘にレールガンを装備した腕部と、各部がユニット化されている。本機6体とニルヴァーシュ type the ENDがフォーメーションを組むことで本領を発揮する。

登場作品と操縦者[編集]

Zシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦Z
後半戦でモンスーノシリーズに混じって登場。the ENDの「フォーメーション・ガグンドゥーラ」の演出でも登場するが合体攻撃ではないので、小隊員の本機を落としても発動は防げないことに注意。
スーパーロボット大戦Zスペシャルディスク

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

レールガン
両肘に装備。
ミサイル
背部に2基ミサイルランチャーがある。
TRI武器としても使用。

特殊能力[編集]

KLF

移動タイプ[編集]

飛行可能。

サイズ[編集]

M