T-elos

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
T-elos
読み テロス
登場作品 ゼノサーガ
声優 鈴木麻里子
初登場SRW 無限のフロンティア スーパーロボット大戦OGサーガ
テンプレートを表示
プロフィール
分類 アンドロイド
性別
開発者 ロート・マンテル
所属 ヴェクター・インダストリー
テンプレートを表示

T-elosは『ゼノサーガ』の登場キャラクター。

概要[編集]

KOS-MOSに酷似した外観を持つ、対グノーシス戦闘用アンドロイドで、ギリシャ語で「終わり、完成」を意味する言葉となっている。

エピソードIII『ツァラトゥストラはかく語りき』に登場するキーキャラクター。対グノーシス用兵器としては最新型であるため、反応速度・ヒルベルト強度ともにVer.3のKOS-MOSを上回る圧倒的な戦闘力を誇る。また、その外観・性格共に、一言でいえば「黒い」としか言いようがなく、白を基調としたKOS-MOSとは正反対の存在。

何らかの目的の下、KOS-MOSを執拗につけ狙っており、その破壊を常に最優先した行動を取る(エピソードIII中盤において、一度はKOS-MOSの破壊に成功。KOS-MOSはそれを受けて、OGサーガにも登場した最新バージョンの躯体「Ver.4」へと生まれ変わることになる)。尚、彼女は機械式の人造人間と思われがちだが、その身体の80%はとある女性を元にした生身の身体であり、元は人間だったサイボーグであるジギーと似たような改造人間ともいえる。その素体となった女性が、彼女がKOS-MOS抹殺を望む理由に深く関わっている。

登場作品と役柄[編集]

OGシリーズ[編集]

無限のフロンティア スーパーロボット大戦OGサーガ
KOS-MOS同様に次元の壁を越えてエンドレス・フロンティアに流れ着く。しかし相変わらずKOS-MOS抹殺が最優先らしく、元の世界へ戻ること以上にKOS-MOSとの戦闘を優先してくる(戦闘時にKOS-MOSがパーティーにいる場合、彼女を優先して狙ってくる)。
本作での彼女の言動は原作以上に攻撃的で、かつ口も悪い。
無限のフロンティアEXCEED スーパーロボット大戦OGサーガ
KOS-MOS同様、彼女も再びエンドレス・フロンティアへ転移してくる。相変わらずKOS-MOSを付け狙うものの、今作ではアレディたちと偶然の遭遇をした際にノリツッコミを披露したり、黒ミルトカイル石が壊せず足止めを食らったりとやや三枚目的な面も見られる。ただし敵として登場した際の攻撃力は驚異の一言に尽きる。
終盤のエスピナ城にて支援キャラとしてパーティに加入する。M.O.M.O.に懐かれてまんざらでもない様子を見せたりと前作から大きく印象が変わったキャラの1人といえる。

その他[編集]

PROJECT X ZONE
KOS-MOSとペアユニット(『EXCEED』のアクセルとアルフィミィのように二人で1ユニット扱い)として登場。必殺技では、連携を見せた後、相転移砲を同時打ちしている。悪い笑顔の立ち絵が追加、デビロット(サイバーボッツ)、ジュリ(ストリートファイター)と味方内の悪役トリオでザベル(ヴァンパイア)を狼狽させるシーンも。
前半は敵だが、セス(ストリートファイター側の敵役)と同行したKOS-MOSが登場した後、お約束な言い訳で彼女を救出し、KOS-MOSのパートナーとして参入。KOS-MOSも同様だが、彼女達の時代設定は無限のフロンティアシリーズより曖昧になっている(複数の世界や時代が繋がっているという状況のため。実際このステージの後カイトのゲートハッキングで「The World」にパーティーごと転送しようとするし、シュラーフェン・セレストが新西暦とナムカプの未来世界に繋がっている)。
PROJECT X ZONE 2:BRAVE NEW WORLD
今回は終始敵。だいたい『ゼノブレイド』の黒いフェイスと一緒に登場する。

ステータス設定の傾向[編集]

能力値・使用技[編集]

全体的に高性能で、特に攻撃力は極めて高い。T・SKYLLA等の通常攻撃の他、必殺攻撃のU・TENERITASも使用。HPが減ると通常攻撃から更にテネリタースを繋げてくるようになるため、そうなると一撃死の回避は困難。KOS-MOSを優先的にターゲットする傾向があるので、そこを突いて対処したい。

MAGDALEN16(マグダレン・シックスティーン)
初撃に用いてくる愛銃。彼女曰く16連らしい。
L・BLADE(エル・ブレード)
ブレードによる斬撃と足払いによる弾き上げを組みあせた攻撃。
T・SKYLLA(トリプル・スキュラ)
足払いで上に弾き上げた相手を空中で片足で踏みつけ、そのまま地面にぶつけ、さらにダメ押しとばかりにMAGDALEN16を一発撃ち込んでくる。
U・TENERITAS(ウルティムム・テネリタース)
単体・複数いずれでも使用する相転移砲で、彼女の最強攻撃。『無限のフロンティアEXCEED』では味方時の支援攻撃として使用する。敵を拘束する時間がダントツに長く、一部の技を同時に放つ事でポテンシャルを最大限に引き出すことが可能になる。

精神コマンド[編集]

加速」効果のあるオーバーテイカー、「闘志」効果のあるヘブントラッカー、「熱血」効果のあるハートブレイカーを使用。また、稀に「再動」効果のあるブーストも使ってくるが、頻度はあまり高くない。

特殊技能(支援効果)[編集]

詳細は下記記事を参照。

パイロットBGM[編集]

「TRUE ORDER」
KOS-MOS、T-elos共用のBGM

人間関係[編集]

KOS-MOS
序盤からKOS-MOSを付け狙い、一度は彼女を再起不能に追いやる。
シオン・ウヅキ
ゼノサーガ』シリーズの主人公。SRW未登場。
M.O.M.O.
ロート・マンテル
彼女の開発者。SRW未登場。

他作品との人間関係[編集]

沙夜
無限のフロンティア』では共謀。以降、共演機会が増えるごとに腐れ縁じみた関係に。
アシェン・ブレイデル
彼女からは、T-エロス呼ばわりされる。
無限のフロンティアEXCEED』のEDでは同型ともいえるKOS-MOSとの争いについて忠告を受ける事となる。
カルディア・バシリッサ
『無限のフロンティア』では共闘していた。中の人が同じ。
小牟
彼女から「ツン殺」と評される。

名台詞[編集]

「己の存在意義も理解できない人形。私が私で在り続けるため、KOS-MOS…貴様を破壊する」
原作の序盤でKOS-MOSと初対面したときの台詞。この時点での彼女の口調がクールな雰囲気ではあったが…。
「私が秩序(KOS-MOS)だ!」
KOS-MOSとの一回戦で、一度彼女に止めを刺した時の台詞。その後、KOS-MOSは当分の間、再起不能の状態になってしまう。

無限のフロンティアでの名台詞[編集]

「大人しくマリアの意識を差し出せ!!」
「己の存在意義も知らぬ、哀れで、下らん存在がな……!!」
第1作でKOS-MOSに相転移砲を使用した際の特殊台詞の一つ。原作を知らず首をかしげるプレイヤーが続出した。
マリアは『ゼノサーガ』のキーパーソンとなる女性の名で、魂が仮の器であるKOS-MOSに収められ、遺体はT-elosの躯体のベースに使われている。
「わかったわ。……などと、引き下がると思ったか?」」
『EXCEED』でアレディ達と偶然の遭遇した時に錫華KOS-MOSがこちら側の世界に転移している事をうっかりばらしてしまい、(戦いを回避するために)女性陣は「KOS-MOSは元の世界に帰還している」事を聞かれて。非常に好戦的な性格で知られるT-elosとしては聞き分けがよく、アレディ達には用が無いと言わんばかりにここから退散した…
が、ここであっさり立ち去るほどT-elosは甘くなかった。どうやら見逃そうと考えたものの、彼らが自身の妨害になることを踏まえて排除する事に決めた様だ。ただ、アレディ達にノリツッコミを披露するなど、意外とノリがいい一面が垣間見える。
「……やはりな。“この世界”が我々の回帰を阻むか。」
『EXCEED』でミラビリス城に現れた際、KOS-MOSがM.O.M.O.を伴っている理由を尋ねた後に。
一行の目的の一つは異邦人組を転移装置で送り返すことなのだが、試みる端から別の要因で失敗……という状況が多発しており、T-elosも同様の事態に見舞われていたらしい(曰く、シュラーフェン・セレストの転移装置を使おうとしたが、黒いミルトカイル石に阻まれた)。
彼女は多くを語らなかったが、エンドレス・フロンティアには漂着した異邦人を返すまいとする因果律でも働いているのだろうか?
「だらしないぞ……KOS-MOSッ!」
「貴様の『意識』は……いや『魂』は、そんなザコどもに好きにさせていい代物ではないはずだッ!」
『EXCEED』でKOS-MOSがヴェルトバオムの若木による干渉を受け、中に宿している意識が覚醒しそうになった場面にて。DVE。実際T-elosがいう「意識」とはそこら辺に転がっているものと比べようがない段階にある。
「ガタガタぬかすな、小僧が。KOS-MOSを叩き起こす。協力してやらんこともない。今すぐ決めろ。」
上の場面で乱入したことに驚きを隠せなかった零児に対して。
T-elos「見下げ果てたものだな。すっかり馴れ合いか、サヤ。」
沙夜「あん、利用してるだけよ。使うだけ使ったらポイ、ってね。」
T-elos「なるほど。それならわかるわ。」
小牟「わかるなわかるな。腹黒どもめが。」
『EXCEED』で沙夜と再会したときの会話。パーティ一行のイメージが悪役化する原因は主にこの二人による物である。
「……勘違いするな。KOS-MOSが二度とこんなザマにならぬよう、監視をするためだ。貴様らを助けるためだなどと思うなよ? ザコどもが。」
仲間になった後、主人公達に対して言った台詞。もはやテンプレ。
T-elos「馬鹿どもが。それならもっと緊張感を持ちな。」
KOS-MOS「T-elos、我々も躯体洗浄によるルックスの回復を行うべきです。」
M.O.M.O.「T-elosさんはたくさん助けてくれましたから! モモ、がんばってお背中を流します!」
T-elos「なつくな。私たちが敵同士だってこと、忘れてるんじゃないのかい。」
『EXCEED』の終盤で神楽天原の城下町にある温泉宿に泊まる場面より。終始敵対していた原作ではありえない会話である。
「……口くらい、ちゃんと拭きな。」
エピローグ、エスピナ城でネージュが開いたパーティーでM.O.M.O.に対して。ついに開き直ってしまった様子。

PROJECT X ZONEでの名台詞[編集]

「ふん、そんなおだてに乗るような私じゃないよ」
雨宮リンドウとの掛け合いで、彼に「えらく美人でえらく強いかぁ、頼もしい話だな」と言われた時の返し。
…が、KOS-MOSに「T-elosの戦闘力が上昇したようです」と言われた事から、どうやら心の底では嬉しく思っているようだ。
KOS-MOS「各システム、異常ありません」
アリサ「私も、全然異常ありません」
T-elos「ぶっ壊れてるようにしか見えないから、付けときな」
アリサ・ボスコノビッチとの掛け合い。ちなみにアリサの立ち絵は首がとれているのでそういわれるのも無理はない。ちなみにこっちのアリサ(鉄拳)の頭は爆弾で「スパムボム」という頭を丁寧に置いていく技がある。なお、今作のアリサはほとんどの戦闘の掛け合いで首が取れている。
T-elos「おとなしく、我が肉体の一部となれ…!KOS-MOS!」
KOS-MOS「その申し入れを了承するわけにはいきません、T-elos」
アリサ「あの、これいりますか?T-elosさん」
こちらは戦闘後での掛け合い。立ち絵からしてアリサは自分の頭部をT-elosにあげようとしたが、そんなもの貰って何の得になるのやら。
ワルキューレ「悪しき者よ、私の前から去りなさい!」
T-elos「良い度胸だ、このあたしに向かって。」
ワルキューレとの掛け合い。ワルキューレは敵に対して言っているものと思われるが、それに勘違いで反応する辺り自分が悪しき者という自覚はあるようだ。

余談[編集]

  • コスモスに劣らない抜群のプロポーションとそれ以上の露出度の高さから、一部のファンから名前を捩って「Tエロス」などという愛称で呼ばれたこともあった。OGサーガでも登場人物に言われたりしている。