EVA仮設5号機

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
EVA仮設5号機
外国語表記 Evangelion Provisional Unit-05
登場作品 ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破
初登場SRW スーパーロボット大戦L
SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
正式名称 封印監視特化型限定兵器 人造人間エヴァンゲリオン 局地仕様仮設5号機
分類 エヴァンゲリオン
型式番号 EVA-05
動力 電力供給
装甲 12000枚の特殊装甲
所属 ネルフ
主なパイロット 真希波・マリ・イラストリアス
テンプレートを表示

EVA仮設5号機は『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』の登場メカ

概要[編集]

汎用人型決戦兵器人造人間・エヴァンゲリオンの一つ。

正式名称の「封印監視特化型限定兵器」が示す通り、このEVAはNERV・ベタニアベースに封印されている第3の使徒の封印監視、万一使徒の封印が解かれた際に戦闘・殲滅させるための機能に特化している。頭部はゴーグル型であるが、稼動状態がフルパワーに達すると初号機と同様の口を開くことがある。

頭部と胴部は従来のEVAとほぼ同じであるが、下半身は車輪がある4本足の多脚型で、腕は肘から先が義手として機械化されているのが特徴。左腕は二本爪のマニピュレーター、右腕には対使徒専用殲滅兵器「簡易式ロンギヌスの槍(似非復元型)」を装備しているが状況によって排除可能(その際、左腕と同様二本爪のマニピュレーターとなる)。

機体の特性上、人の形からかけ離れておりシンクロ率があまり高くない上に、機体制御と操縦システムはお世辞にも良いとは言えない。また他のEVAにあったアンビリカルケーブルは無く、代わりに肩部ウェポンラックの先端にあるパンタグラフによって電力を得ており、そこから背面へ伸びるケーブルによって本体に電力を供給している仕組みとなっている。

劇中では復活した第3の使徒と交戦。地下の「辺獄エリア」から「アケロンエリア」に侵入されてしまうが、マニピュレーターで使徒のコアを握り潰し、マリが脱出した後に機体を自爆させて使徒を殲滅した。

登場作品と操縦者[編集]

Zシリーズ[編集]

第3次スーパーロボット大戦Z時獄篇
『L』同様にユニットアイコンのみの登場。ただし、マリの方は選択肢次第でEVA2号機のパイロットとして自軍に加入する。

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦L
初登場作品。ユニットアイコンのみの登場で、マリ共々スポット参戦もなく影は非常に薄い。

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦Card Chronicle
現時点における唯一のプレイアブル参戦。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

簡易式ロンギヌスの槍
右腕に装備してある対使徒専用殲滅兵器。似非復元型と書かれてある事からEVA量産機の持つ「諸刃の剣」と同様「ロンギヌスの槍」のレプリカであると考えられるが、A.T.フィールドの無効化が出来るかは不明。

対決・名場面など[編集]

対第3の使徒

余談[編集]