A21

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search

A21とは、『フルメタル・パニックシリーズ』に登場する組織

概要[編集]

元々は青少年の更生を目指すための組織だったが、創設者の武知が持っていた爆発物をA21に潜入していたマスコミが爆発させた事故が原因で「反社会組織」の烙印を押されてしまう。

武知はその後獄中で自殺し、構成員のセイナがA21のリーダーとなって社会への復讐のため暗躍。その際にアマルガムから武器供与を受けている。

登場作品[編集]

Zシリーズ[編集]

第3次スーパーロボット大戦Z時獄篇
コードギアス』の黒の騎士団に零番隊として参加していた事が語られ、彼らの復讐はゼロの罪の一つという事となっている。「A21」名義で構成員も登場する他、セイナと張五飛との絡みも健在。
第3次スーパーロボット大戦Z天獄篇
DLCで登場。五飛に引き取られ、村を守るために戦ってくれている。

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦J
セイナとタクマのみ登場。人間関係も掘り下げられることはなく、武知も名前すら出て来ない。背景も出ないどころかアマルガムの存在すらないため、正直影は薄い。
スーパーロボット大戦W
『フルメタル・パニック!』の原作再現が増えたことを受けて出番が増加。ベヘモスのイベントなども原作に近い形に差し替えられ、武知は「トレーズの理想に共鳴した男」として語られる。ベヘモスの事件後は原作通り壊滅するが、セイナは五飛に救助され、第2部の中盤まで行動を共にする。

関連人物[編集]

武知征爾
創設者。元傭兵で無人島を買い取り、非行少年に戦闘技術などを教えて非行から救おうとしたが、マスコミが絡んだ事による死亡事故で社会から批判され、失意の内に自殺する[1]。スパロボシリーズでは名前しか出ない割にクロスオーバーに恵まれている。
クガヤマ・タクマ
メンバー。
セイナ
現リーダー。

脚注[編集]

  1. もっとも、「非行少年達を無人島に連れて行き、サバイバル技術および戦闘技術を叩き込む事で自信を与える」という方法自体が、一般社会の常識にそぐわないのもまた事実である(A21の真意を知らない第三者から見れば、「彼等はテロリストを育成している」と捉えられかねない)。さらに言えば上記の爆発物の点に関しても、それが合法的な所持であったのかも疑わしい。