香月夕呼

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
香月夕呼
読み こうづき ゆうこ
登場作品 マブラヴ オルタネイティヴ
声優 本井えみ(全年齢版)
稲葉貴子(18禁版)
デザイン Bou
初登場SRW スーパーロボット大戦X-Ω
SRWでの分類 サポートユニット
テンプレートを表示
プロフィール
性別
所属組織 国連太平洋方面第11軍
所属部隊 横浜基地
軍階級 大佐
テンプレートを表示

香月夕呼は『マブラヴ オルタネイティヴ』の登場人物。

概要[編集]

横浜基地の副司令であり、「オルタネイティヴIV」の最高責任者。「オルタネイティヴIV」の完遂を最優先目的としており、そのための犠牲などは厭わない。

優秀な物理学者であり、兵器改良や作戦立案にも才能を発揮する。政治力も非常に高いが、敵も多く、同じ日本人にさえ駆け引きを仕掛けるなどしているため、帝国軍からは『横浜の女狐』と呼ばれ、忌み嫌われている。

白銀武が元いた平行世界「EXTRA編」ではアナーキーな物理教師であった。姉が二人いる。

登場作品と役柄[編集]

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦X-Ω
初登場作品。2018年11月のイベント「未来への選択」期間限定参戦。SSRサポートユニット。

ステータス[編集]

サポートアビリティ[編集]

横浜基地副司令
SSR。味方全体の回避率アップ。

人間関係[編集]

白銀武
207B分隊の新人。
社霞
「オルタネイティヴIV」の重要要素。無機質な名前しか持たなかった彼女に名を与えたのは夕呼。
神宮寺まりも
部下であり友人。階級に差があり過ぎるため、情報共有は半ば一方的だが、共有できそうな情報も共有しないのでその度に抗議される(「機密」を理由に逃げられるとはいえ)。
EXTRA編では同僚の教師。基本的に夕呼が主導権を握っているが、酒に酔った彼女は夕呼にとっても恐怖の対象。
京塚志津江
横浜基地のPX(食堂)を切り盛りする臨時曹長。戦時特例法により、民間人だが軍人としての階級を与えられている。
尤も、食を前にしては階級など関係無い。夕呼が頭の上がらない数少ない相手。