強化パーツ/第4次

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

第4次スーパーロボット大戦』の強化パーツ一覧。

一覧表[編集]

全17種。

下記の分類については強化パーツ参照。

系列 強化パーツ
移動力 ブースター、メガブースター、アポジモーター
HP・装甲 チョバムアーマー、ハイブリッドアーマー
EN上昇・消費軽減
運動性 マグネットコーティング、バイオセンサー、サイコフレーム、ALICE
命中率
クリティカル率
射程 高性能レーダー
弾薬
地形適応 ミノフスキークラフト
回復(永続系)
バリア 対ビームコーティング、Iフィールド発生器
複合型 ファティマ
気力系
消費 リペアキット、プロペラントタンク、プロペラントタンクS

移動力[編集]

パーツ名 効果
ブースター 移動力+1
メガブースター 移動力+2
アポジモーター 移動力+1、運動性+5

HP装甲[編集]

パーツ名 効果
チョバムアーマー HP+500、装甲+150
ハイブリッドアーマー HP+800、装甲+200

運動性[編集]

パーツ名 効果
マグネットコーティング 運動性+5、限界反応+10
バイオセンサー 運動性+8、限界反応+15
サイコフレーム 運動性+10、限界反応+25
ALICE 運動性+12、限界反応+20

射程[編集]

射程1の武器、MAP兵器については無効。

パーツ名 効果
高性能レーダー 射程+1

地形適応[編集]

パーツ名 効果
ミノフスキークラフト 移動タイプが空陸になる[1]

バリア[編集]

各バリアの詳細は特殊能力/第4次を参照。

同種のバリアは、もともと保有しているものを含め、最も効果の高いもののみ効果発揮。

パーツ名 効果
対ビームコーティング ビームコートを装備
Iフィールド発生機 Iフィールドを装備

複合型[編集]

パーツ名 効果
ファティマ 移動力+2、運動性+18、限界反応+20

消費[編集]

パーツ名 効果
リペアキット HPを2000回復。使い捨て
プロペラントタンク ENを50回復。使い捨て
プロペラントタンクS ENを150回復。使い捨て

第4次スーパーロボット大戦S版の強化パーツ効果[編集]

種類・効果とも、基本的に『第4次』との相違はない。

強化パーツに関する話題[編集]

  • 本作で、今日のものと同様の「強化パーツ」が初登場。以下の性質は一部の作品を除き不変である。
    • 入手した強化パーツはインターミッションの「強化パーツ」項目で、機体に着脱して使う
    • 原則として装備しても消滅しない(リペアキット等の消耗品は、使用した場合消滅する)
    • 特定機専用の強化パーツのようなものはなく、全強化パーツを全機が装備可能
  • 入手方法はマップ中の特定マスに入ることで拾い集めるという、初代同様の方法。
  • 特徴的な場所に落ちていることもある(一箇所だけ孤立して存在する「林」マスなど)が、基本的にノーヒント。
  • 入手対策として、精神コマンド探索」が導入されている。使用すると強化パーツ未発見のマス一箇所をランダムで示してくれる。
  • 強化パーツだけでなく、一定額の資金(金塊)が埋まっていることもある。
    • 『第4次』の「大将軍ガルーダの悲劇」マップでは、山岳地帯にある強化パーツ埋没マスと隠しキャラのシルキー入手マスが隣接していた。山岳地帯ということで高機動のオーラバトラー(ショウ搭乗)を拾いに行かせたが、入るマスを間違え偶然にシルキーを見つけるという椿事がごく稀に発生した。尚、『第4次S』では強化パーツ埋没マスの配置が全面的に変更されたため、このようなことは起こりにくくなった。
  • 各機の強化パーツスロットは2つ
    • ゲッターロボ系のみ各形態2つずつ。効果も形態別だが消費系の回復値(使用は所持形態のみ可)は共有。
  • 強化パーツの入手限度は各種9個まで。それ以上は入手できないので、消耗品はどんどん使った方が得、と言われる(『IMPACT』まで同様)。
  • 補給部隊と合流する際、補給物資として入手できる場合もあるが、手に入れた事は画面には表示されず、いつの間にか手に入っているように見える。

脚注 [編集]

  1. 地形適応は変化しないため、宇宙専用機に装着し、地上マップで出撃可能としてもほとんど役立たない。