ロール (ロックマン)

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
ロール
外国語表記 Roll
登場作品 ロックマン
声優
『8』・バトル&チェイス
小西寛子
『11』
井口裕香
ドラマCD
平松晶子
スーパーアドベンチャー
吉田小南美
VS.シリーズ
藤野かほる
ロックマンロックマン
二宮圭美
タツノコ VS. CAPCOM
五十嵐裕美
OVA
こおろぎさとみ
初登場SRW スーパーロボット大戦X-Ω
テンプレートを表示
スペック
愛称 ロールちゃん
分類 お手伝いロボット
型式番号 DRN.002
開発者 トーマス・ライト
テンプレートを表示

ロールは『ロックマン』のヒロイン

概要[編集]

ロックマン同様、ライト博士が開発した家庭用お手伝いロボット。ロックマンの妹と言える存在。お手伝いロボットらしく、家事全般が得意で家庭的な性格。戦いに向かうロックマンを常に心配している。やや天然ボケな面もあり、『7』における特殊武器に対するコメントはロックマンを呆れさせていた。

当初はライト博士と共にロックマンの帰りを待っていたためエンディングくらいでしか出番がなかったが、『8』以降からはロックマンの集めたネジを使ってアイテムを作るサポートをするようになった。初期は揃えられた前髪とノースリーブの赤いワンピース姿がトレードマークだったが、『8』以降は多少大人びた容姿となるなど大幅にデザインが変更され、同時にキャラクターとしての出演も増えていった。オールスター作品に客演する際は初期デザインでの出演も見られている。

本来、戦う力は持っていないのだが携帯アプリ版や『ロックマンロックマン』他、クロスオーバー格闘ゲーム作品では戦う姿も披露している。

登場作品と役柄[編集]

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦X-Ω
期間限定参戦。デザインは『8』に準拠。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

『ロックマンロックマン』や『タツノコ VS. CAPCOM』での武器。箒を使って目の前の敵を殴る。『タツカプ』ではジェットエンジンが内臓されているため、ただの箒ではない模様。
ロールバスター
携帯アプリ版や格闘ゲームでの武装。ロックマンのものと同質のバスター。
チャージショット
エネルギーを溜めて発射する強力なショット。携帯アプリ版ではチャージ完了すると自動的に発射されるため使い勝手に癖がある。

パイロットステータス[編集]

サポートアビリティ[編集]

家庭用女の子型お手伝いロボット
WAVEが進むごとにHP回復。

人間関係[編集]

トーマス・ライト
製作者。
ロックマン
兄と言うべきロボット。本当の兄妹のように仲が良く、戦いに向かう彼を心配している。
ブルース
長兄と言える存在だが、ロール自身はその事を知らない。
ライトット
ライト博士の助手ロボット。
ラッシュ、ビート、エディー、タンゴ
ロックマンのサポートロボット。自身のサポートをしてもらう事も。
カットマン、ガッツマン、ボンバーマン、アイスマン、エレキマン、オイルマン、タイムマン
弟も言うべきライトナンバーズで、オイルマンとタイムマンは『ロックマンロックマン』のみ登場。『ロックマンロックマン』では「姐さん」と呼ばれ恐れられている。
好意を持つ者もおり、アイスマンは『バトル&チェイス』の専用EDでは自分とロールの氷像を作っている。
ファイヤーマン
弟も言うべきライトナンバーズの一体。『ロックマンロックマン』では目が血走り、「萌える」を連呼する異常な状態に恐れを抱く。ロール以外でファイヤーマンがこのような状態になるのはアイスマンのみ。
ミハイル・セルゲイビッチ・コサック、カリンカ・ミハイロヴナ・コサック
人間の友人たち。カリンカとは女性同士仲が良い。

他作品との人間関係[編集]

獅子王凱ソルダートJルネ・カーディフ・獅子王ロム・ストールレイナ・ストールノノOVAレオパルドハロロペットジェレミア・ゴットバルト
『X-Ω』にて共演。ロックマン同様一通りのアンドロイド及びサイボーグキャラと面識を持っている。
トリィハロ
『X-Ω』にて共演。ノノ達の救出のために連れて来た。ロールによれば「みんなもやる気」らしい。

スパロボ外[編集]

テッカマン(南城二)
ゲーム『TATSUNOKO VS. CAPCOM』にて共演し、彼のエンディングではゴールドライタン、PTX-40Aと共に救援に駆けつける。
Wii版で追加されたアニメパートでは彼の代わりに、ペガスに搭乗して自身の身長の二倍近いテックランサーを投擲し[1]、プレイヤーの度肝を抜いた。
テッカマンブレードDボゥイ
Wiiゲーム『TATSUNOKO VS. CAPCOM ALLTIMET ALL-STARS』にて共演。
元祖テッカマンのEDでは彼とゼロ、更に上記のメンバーと共に戦いに加勢する。

名台詞[編集]

「あなたたちも何かてつだったら? 戦いのとき以外は役立たずねェ…」
漫画版『6』より。買い物帰りにやることがない、ビートとエディーに対して。ちなみに一緒にいたラッシュには買い物かごを銜えさせていた。しかし鳥型であるビートや、そもそも頭と足しかないエディーに買い物の手伝いをしろというのは些か酷ではないだろうか……。
余談だが、有賀ヒトシ氏の漫画版ではビートはペット扱いだが、エディーは炊飯器にされていた。
「わあ きれい! これで ブローチが つくれないかしら?」
『ロックマン7』に於ける特殊武器・フリーズクラッカー入手時のコメント。下記と比べると女の子らしいコメント。ロックマンも「きっと ロールちゃんに にあうとおもうよ」とポジティブなコメントを残している。

迷台詞[編集]

「あらちょうどよかった、はかせの つくったガラクタがいっぱいあって こまっていたの。まとめて ばくはして ちょうだい。」
「あらうれしい、これで でんきだいがせつやくできるわ!」
「そうじがたいへんだから いえではつかわないでね。」
「それじゃ、このごろ おにわのきがのびすぎているから きっておいてね。」
「あら、バネ? はかせの ベッドの しゅうりにつかえるかしら?」
「あら、それって ライトはかせのうたごえよりも すごいの?」
「あらちょうどよかった。こんやの ごはんは バーベキューにしようと おもってたの!」
『ロックマン7』に於ける上記以外の特殊武器のコメントの数々。生活観のにじみ出たものもあれば、ロックマンに仕事を押し付けたり、ライト博士絡みでさりげなく酷いことを言っている。この後、ロックマンを呆れるばかり。
「暴れるのをやめなさい! でないと…お~ し~ お~ き~ よ~!!」
「いいかげんにしなさい! みんな迷惑してるでしょ!? 本気で…怒るわよ?」
「やだぁ もう ボンバーマンたら正直なんだからっ! でも… 暴れるなら手かげんしないわよ?」
「あら アイスマン! あなたはいい子だからあたしといっしょに帰るわよ…ね?」
「い… いらないわよ! それより こんなことしてるとアンタ! 帰っても1週間 油ぬきですからね!」
『ロックマンロックマン』に於けるライトナンバーズとの戦闘前会話。基本的に強気な態度であり、中には恐怖を感じるものすらいる…。

スパロボシリーズの名台詞[編集]

「みんなを連れ去って、どうするつもりなんだろう…」
「まさかカットマンたちの時のように、戦闘マシンに改造するつもりじゃ…!」
X-Ω』イベント「次元を超えた戦い!」第3話「口笛と共に」より。ワイリーナンバーズに連れ去られたロムたちを心配して。直後、ブルースからは「ワイリーといえど、別の世界のロボットたちを改造する技術は、まだないだろう」とフォローが入る。
「私…いつも待っているだけだから、ライト博士もいない今ぐらい、ロックの力になりたいの…」
「本当は怖いし…うまくいかないかもだけど…でも…それでもできることがあるなら…私も…」
同イベント第7話「ロールちゃん大活躍!?」より。ロックマン達の後を追って他の仲間達とワイリーの基地にやってきたロール。レオパルドからは引き返すよういわれるも、自分の思いを語る。レオパルドを怯ませ、ジェレミアからは「美しき忠義」と称される(直後、レオパルドから「忠義とは関係ないと思うぞ」と突っ込まれる)。

関連機体[編集]

ハイパーロール
格闘ゲームにてラッシュ、ビート、エディーと合体した姿。巨大化して胸からミサイルを発射したりして攻撃する。

余談[編集]

  • 名前の由来はロックと合わせて「ロックンロール」から。
  • FCソフト『ロックマン』(第1作)から出演しているが、エンディングでライト博士と共にロックを出迎えるシーンのみの登場で、台詞も名前の紹介も無い。取扱説明書にも言及はなく(Dr.ライトナンバーズの中でNo.2だけは存在に触れられていない)、同作の時点では「エンディングに登場する謎の金髪少女」という扱いだった。
    • 続く『ロックマン2』ではゲーム本編にも説明書にも未登場だった(PS版『2』ではナビゲーターとして登場)。
    • 『3』では説明書にイラストが載り、「ロールちゃん」という名前も明記されたが、それ以上の紹介は無し。同作のエンディングに「Dr.ライトナンバー2 ロールちゃん」「ロックとはまるできょうだいのようである」というファイルが登場したことで、ようやく具体的に何者なのかという設定が開示された。
    • なお、ゲーム本編の初台詞は番外作を除くと、『7』からである。

商品情報[編集]

脚注[編集]

  1. しかもこの時テッカマンは高速回転させたテックランサーにボルテッカを放つ「超回転テックランサー」に繋げているため、彼並みの投擲技術を見せたという事になる。