ヨウ・ミズノ

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ヨウ・ミズノ
外国語表記 You Mizuno
登場作品
声優 日高里菜
デザイン 伊藤嘉之
初登場SRW スーパーロボット大戦X-Ω
SRWでの分類 サポートユニット
テンプレートを表示
プロフィール
種族 地球人
性別
年齢 15歳
所属 南十字学園
劇団「夜間飛行」
テンプレートを表示

ヨウ・ミズノは『STAR DRIVER 輝きのタクト』の登場人物。

概要[編集]

サイバディの封印を担う四方の巫女(よものみこ)の1人・日死(にし)の巫女。

「メム」(「水」の意味)のシルシを持ち、無意識にゼロ時間への招集を拒否できる上級ドライバー。

巫女である事は知っていたものの、能力や運命に関しては詳しく知らない。

一人称は「僕」。

現在は双子の姉のヨウ・マリノと二人暮らし。母はミズノが巫女と知ると、二人を置いて島を出て行った。

学園きっての「不思議ちゃん」「魔女っ子」と称され、様々な呪文を口にし、動物と会話する事ができる。タクトに一目惚れし、「夜間飛行」に入部する。 文化祭の劇でタクトの相手役を演じる事になり喜ぶも、彼のワコへの思いに気づき失恋。 それと立て続けに母が島に帰って来た事から島から出ようとするが、封印が解かれていない巫女のため島から出ようとすると時間が巻き戻される。

その後は泣いていたところをワコに助けられ、巫女として生きて行こうとするも、マリノはいなかった。さらにマリノの嘘がバレて巫女である事が綺羅星十字団に知られてしまい、ケイトによって拉致されマリノの真実を聞かされた。 その真実とは、彼女の第1フェーズの力に関係しており、彼女の第1フェーズは「分身の創造」。 そう、マリノは双子の姉ではなく、第1フェーズの力で作り出した自分と瓜二つの分身である。

その後、ショックのあまりそのまま巫女のサイバディ「メムナ」とアプリボワゼさせられ、日死の封印は破られる。

登場作品と役柄[編集]

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦X-Ω
初登場作品。彼女の「大丈夫の呪文」の力により、タウバーンはゼロ時間の外の現実世界でも戦えるようになった。

パイロットステータス[編集]

サポートアビリティ[編集]

日死の巫女
SR。TV版名義。必殺封印状態になりづらい。

人間関係[編集]

ヨウ・マリノ
双子の姉で、ミズノにとっては自慢のお姉ちゃん。だが…。
ツナシ・タクト
彼に好意を抱く。
ミヤビ・レイジ
最終的に彼に封印を破られてしまう。
アゲマキ・ワコ
同じ四方の巫女。島から出られないという巫女の運命に苦しむミズノに助言する。
ニチ・ケイト
同じ四方の巫女。しかし、彼女に自身の願いを利用され、綺羅星十字団のアジトに連れ去られてしまう。
ヒョウ・マツリ
同じ四方の巫女。彼女が島から出て行く直前に他の巫女と共に偶然バスに乗り合わせる。

名台詞[編集]

「カタミ ワカチタ ヤガダンセ」
彼女の唱える大丈夫の呪文。
逆さから読むと「センダガヤ タチカワ ミタカ」となる。ちなみに千駄ヶ谷・立川・三鷹はいずれもJR中央線の停車する駅である。

搭乗機体[編集]

メムナ
「日死」の封印を司る巫女タイプのサイバディ。