トト・トンプソン

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
トト・トンプソン
登場作品

コードギアスシリーズ

デザイン 木村貴宏
初登場SRW スーパーロボット大戦X-Ω
SRWでの分類 サポートユニット
テンプレートを表示
プロフィール
種族 地球人
性別
年齢 16歳
所属組織 神聖ブリタニア帝国
所属部隊 グリンダ騎士団
テンプレートを表示

トト・トンプソンは『コードギアス 双貌のオズ SIDE:オルドリン』の登場人物。

概要[編集 | ソースを編集]

グリンダ騎士団のオペレーター。元々はジヴォン家に仕えるメイドであり、オルドリンマリーベルとは友人として付き合いが長い。

しかしその正体はV.V.によってギアス響団から派遣された刺客であり、V.V.の指示でオルドリンの監視、オルドリンがマリーベルの忠実な駒として不都合な記憶を自身の「忘却のギアス」で消していた。

だが、オルドリンやグリンダ騎士団と行動を共にしていくうちにV.V.のやり方に疑念を抱き、最終的には反逆するが返り討ちにあい、致命傷を負う。そして自分の死の間際に自身のギアスを暴走させ、オルドリンとオルフェウスの全ての記憶を消す。これによって『双貌のオズ』の物語は一度幕を引くことになる。

登場作品と役柄[編集 | ソースを編集]

単独作品[編集 | ソースを編集]

スーパーロボット大戦X-Ω
初参戦作品。

ステータス[編集 | ソースを編集]

サポートアビリティ[編集 | ソースを編集]

ジヴォン家のメイド
SR。セットしたアタッカーの命中率大アップ、回避率アップ。

人間関係[編集 | ソースを編集]

V.V.
彼からオルドリンの監視と不都合な記憶を消すように指示を出されていた。
オルドリン・ジヴォン
お嬢様と慕う存在で、個人的な友人関係にもある。彼女こそがジヴォン家の後継者だと信じてやまず、彼女が軍に入隊すると、自分も後を追う形で軍に入隊した。