トップレス

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search

トップをねらえ2!』に登場する人間の超能力現象。能力使用の間は頭の中が空洞になる。

「バスターマシン」稼動のための「エキゾチックマニューバ」という固有現象を利用して、あらゆる事象を操作し、物質世界に干渉することが可能。一定の年齢を超えると、能力を使えなくなる「あがり」を迎える。

『トップをねらえ!』の世界観においては、「エーテル物理学」が高度に発展しており、科学技術により人間の潜在能力を引き出すことを可能としている。

あがりと宇宙怪獣[編集]

トップレス能力を失う現象の呼称。おおよそ20歳前後でトップレス達はこれを迎え、能力を喪失する。そのためトップレス達にとっては恐怖の代名詞でもあり、サーペンタイン姉妹のように「永遠のトップレス」を希求する者も少なくは無い。

あがりのメカニズムは定かではないが、能力者の精神的成長に連動しているらしく、幼児期への決別という意味も含有されており、一定の年齢に達する前にも「あがり」を迎える可能性もある。ニコラの場合あがりを迎えた後は別人のように大人びており、嗜好も変わっていた。

この現象についてのヒントは、宇宙怪獣である。彼らが生命維持・推進・攻撃に使用しているのは原理的にはトップレス能力と同種のものであるが、人間のものと違いあがりが存在しない。さらに、『2!』の設定においては、トップレス能力は「子供の持つ万能感のようなもの」と形容されている。

これとトップレス能力の原理を重ねて考えると、あがりとは理性の発達によって起きる現象であることが伺える(宇宙怪獣は人間型も含め全て本能一辺倒で行動する)。

トップレスの固有能力 [編集]

スパロボではキャラクターごとに効果の異なる特殊スキル(トップレス能力)として採用されている。

物質転送
ラルク・メルク・マールの能力。「リペアキット」「プロペラントタンク」「カートリッジ」などの消費強化パーツが使用できる。終盤にてラルクがあがりを迎える事によって消滅。
テレパシー
チコ・サイエンスの能力。気力140以上で、指定ユニットに精神コマンド直感」が掛かる。
遠隔離操作
ニコラス・バセロンの能力。気力130以上で、自分の行動回数を犠牲にして、行動終了した他のユニットを再行動可能とする。精神コマンド「再動」と同じ。