デストロイド

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
デストロイド
外国語表記 Destroid
登場作品 超電磁マシーン ボルテスV
SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
分類 鎧獣士
装甲材質 マキシンガル合金
開発者 ド・ベルガン
所属 ボアザン帝国
テンプレートを表示

デストロイドは『超電磁マシーン ボルテスV』の登場メカ

概要[編集]

原作第36話「地底城攻撃開始!」に登場した最後の鎧獣士

見た目は完全にロボットで、モチーフとなる動物などは無い。火の玉となって飛行するなど、不思議な獣士である。

労奴解放軍の秘密基地を攻撃する作戦に参加し、ボルテスチームと戦う。

熱線や長射程のミサイルを武器とし、ボルテスバズーカや超電磁ゴマでは傷一つ付かない重装甲を誇るが、超電磁ボールとVの字斬りには敵わなかった。

登場作品と操縦者[編集]

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦J
「鎧獣士デストロイド」名義。第25話「血を分けた悪魔・前編」から登場する。基本的に雑魚として大量に登場するが、デフォルトのHPが18800と量産されている割には非常に高い上に装甲も厚く、また攻撃力もそこそこ高めでしかも結構当ててくる。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

ガトリング砲
ミサイル
体当たり

移動タイプ[編集]

飛行可能。

サイズ[編集]

L