ケルト神話

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

ケルト神話とは、ケルト発祥の神話

ケルト神話が取り入れられている作品[編集]

フルメタル・パニックシリーズ
トゥアハー・デ・ダナンの艦名はこの神話に出てこの神の一族から取られている。
バンプレストオリジナル
BX』に登場する『次元の守人』達の名称・設定の元ネタになっている。

神々[編集]

トゥアハー・デ・ダナン(Tuatha De Danann)
ダーナ神族とも。アイルランドに上陸した4番目の種族で、女神ダーナを母神とする神族。

武器[編集]

ゲイボルグ(Gae Bolg)
銛のような形状をした槍であり、投擲すれば30の鏃となって降り注ぎ、刺突すれば30の棘となって破裂するという特性を持つ。
フラガラッハ(Fragarach)
「回答者」「報復者」という意味を持つ剣で、鎧を切り裂く切れ味を誇っている。
ブリューナク(Brionac)
ダーナ神族の太陽神ルーが所持するとされている武器。穂が5本に分かれており、5つの切っ先から放たれた光は一度に5人の敵を倒したと言われている。その能力は「必ず勝利をもたらす」「投げると稲妻となって敵を死に至らしめる灼熱の槍」などと言われ、生きていて意思を持っており、自動的に敵に向かって飛んでいくとも言われる。
投石器もしくは投石器から発射される弾(タスラム)だったという説もあり、ルー自身の祖父である「魔眼のバロール」の目を貫いて倒したのもこのブリューナクであるとする解釈もある。

余談[編集]

  • 神話の中では珍しいことに、天地創造の逸話が伝わっていない。